最高値で車売却!【車一括査定ガイド】

車売るなら【車売却査定ガイド】

  •  
  •  
  •  
 

初心者でもスムーズに手続きできる!車売却に必要な手続き

「車を売ろう」と決めた時、ほとんどの人が思ってしまうのは、売るときに必要なことって、案外知らない人が多いのではないでしょうか。何から始めたらいいのか、など考えますよね。実は車を売る時に新車と中古車を買う場合や友達などの知人から譲り受ける時の手続きって違うってご存知でしたか?わからないことは業者に問い合わせて、必要な手続きを行えばいいと考えるのが一般的です。

しかし、車を高く売りたいのであれば、業者に任せっきりだと安く見積もられてしまいます。今回は“車を売る時の流れ”についてお伝えさせていただきます。これらを知っていることで、業者との交渉であなたに少しでも高く車を売るために優位な立場に立つことができるので、ぜひ最後まで読み進めていってください。

車を売る時にまずやらないといけないこと

よく疑問に思うのが、“車を売った後はどうするのか”ということを決めなければいけません。

つまり、
1、車を売るだけで、今後は車を所有しない
2、新車を購入する
3、中古車を購入する
4、友達や家族などの知人から譲り受ける

あなたが今後どうしていくのかによって、その後の対応方法が変わってきます。これから1〜4の順番にどのような流れになるのかをお伝えさせていただきます。

車を売るだけで、今後は車を所有しない場合

あなたが車だけ売る場合は、シンプルな流れになります。特にあなたが考えておくことは、少しでも愛車を高く売ることに集中していくことが大切です。まず始めに、車を売れるところを探していきます。

・オークション
・車を購入したディーラー
・中古車屋さん
・ネットの無料買取一括査定

これらからあなたが選ぶことになります。車を高額に売る場合は、中古車屋さんかネットにある無料の買取一括査定を利用することをオススメします。中古車屋さんでも高く売れるのですが、1軒1軒お店に行って、見積もりを取らなくてはいけないので、非常に手間がかかります。

その点、買取一括査定を利用するとすぐに数社の見積書をもらうことができるので、効率的です。その他の理由も、

・あなたの自宅まで出張査定も対応してくれる
・少しでも在庫を揃えたい業者が勝手に価格競争を始め、交渉せずとも値段が上がっていく
・あなたの愛車の買取が得意な業者に売ることができる

上記のメリット通り、無料一括査定を活用するのが、一般的で効率的です。1社ずつ交渉するよりも、他の業者も見ていることから、あなたも価格交渉がしやすくなります。オススメの車査定サイトは、かんたん車査定ガイドになります。
http://a-satei.com

新車を購入する場合

車を売ってから新車を購入する場合は、まずあなたが新しく購入する車を決める必要があります。新車を購入する際手続きは簡単です。一般的には新車を購入するディーラーで下取りを行います。

ディーラーによっては、あなたが新車を購入することから、下取り価格を高く見積もってくれるケースがあります。しかし、それでもあなたがイメージしていた金額ほどではないケースがほとんどです。これらを理由に、新車の購入の際にも、下取りではなく、買取一括査定を利用する人も増えてきています。

少しでも多く売るために、新車を購入するディーラーが提示した見積書と買取一括査定の見積書を比べて決めることをオススメします。

中古車を購入する

中古車も新車を購入する時と同じく、始めに購入する車を決定します。新車の場合は購入するディーラーに売却価格を交渉しますが、中古車となると業者によって価格が大きく変わってくるケースをあります。このことから、中古車を売る場合には、購入する新車と売却する業者を選ぶ必要があります。

中古車を購入する人の多くがこの売却する業者を決めることで時間がかかっているので、まずは新しく購入する車を決めることから始めることをオススメします。時間の短縮に繋がります。とはいえ、仕事などでなかなか時間が取れない人のために、ご紹介させていただきたい中古車屋さんは、ズバット車販売になります。

https://www.zba.jp/car-hanbai/

このサイトはあなたが売却する車を登録しておくと、サイトの方で売却業者を探してくれるので、探す手間を省くことができます。新しく購入する車が決まって、あとは売却する業者を探すだけになれば、ズバット車販売を活用することをオススメします。しかし、それだと時間がかかるので、すぐに売却したいのであれば、中古車を購入する販売店で下取りをしてもらうのがスムーズに進めることができます。

友達や家族などの知人から譲り受ける場合

他人から車の所有権を譲り受ける時には、あなたが乗っている車を売却する前に、受け取る車の名義変更をする必要があります。

名義変更の際には以下の書類を旧所有者から受け取る必要があります。

・印鑑証明書(3ヶ月以内のものを受け取る)
・実印を押した委任状
・実印を押した譲渡証明書

※印鑑証明書の住所と車検証に記載の住所・氏名が異なっている場合、住民票が必要になるので注意する必要があります。

委任状と譲渡証明書はインターネットからダウンロードできます。
委任状と譲渡証明書のダウンロードこちらから
http://www.mlit.go.jp/

各種様式から「譲渡証明書」、「委任状」の項目をクリックします。

印鑑証明書は、旧所有者の本籍地の市町村役場に実印を持参し、発行してもらえます。
発行手数料として、200円〜400円かかります。

ちなみに、実印を登録していない場合は、印鑑証明証の発行ができないので印鑑登録をしているかどうかを確認してから役場に行くようにしましょう。

時間がない場合は、業者に手数料を支払って、手続きしてもらうことができます。業者に依頼すると、15,000円〜30,000円ほどかかるので、余計な料金を払いたくない場合はあなた自身で名義変更をする必要があります。

名義変更してくれる業者は以下になりますので、参考程度にご覧ください。
・わかくさ代行サービス:http://www.wakakusa-daiko.net
・全国軽自動車名義変更センター:http://keicar.la.coocan.jp

車を売却する際にかかる手続き期間

ここまで手続きの大まかな流れをお伝えさせていただきました。それでは上記の流れでいくと、どれくらいの時間がかかるのでしょうか。一般的に言われている売却手続きにかかる期間は、査定〜引き渡しまで最短3日間と言われています。しかし、スムーズに手続きがうまくいった場合の期間になります。また、あなたがすでに必要な書類などを準備しており、不備もない状態の話になります。手続きに必要な書類を用意したり、業者との交渉で時間がかかったことがほとんどなので、そういった場合は1〜2週間はかかります。

査定にかかる時間

どの車買取店でもだいたい10〜20分程度の時間がかかります。これはあくまで査定のみの時間になるので、実際には査定結果の説明もあります。お店に持ち込んだ場合でも、出張査定を依頼した場合でも同じことが言えます。その後も、車についての確認作業、価格交渉や手続きの流れも確認するので、1時間はかかります。

時間がなかなか取れない人は、仕事の合間に査定を依頼することも多いそうです。その場合だと見積書の説明や価格交渉の際に少し話を詰めるだけで、高く売却ができるのに、その機会を失うことになります。なので、査定を依頼する際には時間にゆとりを持って対応することがベストです。最低でも1社に対して1時間は確保していると余裕を持つことができます。

売却に必要な書類

あなたが車を売却する際に準備する書類は以下の通りになります。

【売却に必要な書類】

・車検証
・自動車納税証明書
・自賠責保険証明書
・実印
・印鑑等力証明書
・リサイクル券

【査定時に必要な書類】

・車検証
・自賠責保険証明書

【住所変更をした場合に必要な書類】

・住民票

【姓が変わっている場合に必要な書類】

・戸籍謄本

売却時に必要な書類の詳しい説明は、「知らないと2度手間になる!車を売るために必要な書類を徹底解説 」でお伝えさせていただきますので、こちらもぜひご覧ください。

売却手続きの7つの注意点

車を売却する上で手続き上のトラブルはつきものです。誰しもそんな面倒なことに時間を取られたくはありません。できるだけ高くは売りたいけど、トラブルになるのも避けたいと考えます。ここでは、売却するときの7つの注意点をお伝えさせていただきます。車を売る知識も経験もないあなたに、業者はあらゆる手を使って安く買い取ろうとしてきます。業者にあげ足を取られないためにもしっかりと認識してください。

査定前に出す準備

車を売却する際には査定に出さなくてはいけません。買取業者が少しでもあなたの車に高い金額をつけるためには、やはり印象が大切になります。査定の際には、車の凹み、傷、汚れなども査定対象に入ってきます。できる限り、車内の掃除や消臭には気を使っておくべきです。また、失敗談として、傷や凹みは自身で無理に直さないということも覚えておいてください。車の素人が下手に傷などを直すとかえって、査定額がかからないどころか、安くなってしまうことがあります。

下取りではなくまずは買取査定へ

車を高く売るためには、下取りよりも買取査定に出すほうが高く値段がつきます。これは買取業者には、車査定のプロが査定を行うため、正当な見積もりを出してくれます。1つのテクニックとしてご紹介させていただきますが、仮に下取りに出すとして、その前に買取り査定に出しておくと、あなたの車の相場もある程度わかるので、新車を購入する際の交渉材料にもなるので覚えておいてください。

買取査定は3社以上から見積もりを取る

下取りよりも買取査定を選ぶことはご説明しましたが、だからと言って買取業者へ査定に出しても下取り業者よりも高く査定してもらうことはできません。基本的には3社以上から買取査定を行い、他者が少ない金額を提示してきた際に伝えることができます。事前に他の業者の査定状況は見ておく必要があります。買取業者でも、それぞれ得意ジャンルがあります。例えば、ミニバンが得意な業者、軽自動車が得意な業者と様々です。各業者ごとの販売ルートで金額が大きく変わることも珍しくはありません。

買取査定額の内訳を確認する

買取査定を3社以上行ってからが価格交渉に入ります。見積書に書いてある金額だけで決めてはいけません。ここがポイントになりますが、買取査定額の内訳も確認しておく必要があります。査定額の中には、先に支払っている自動車税などの還付金は含まれているのか、どうかも確認しておかないと査定額にも含まれず、還付されないケースも出てくるので注意しておくようにしておきましょう。

金額の交渉はこちらからしない

よくあることですが、こちらから金額の交渉を持ちかけてしまい、営業マンの返り討ちにあってしまうことが案外少なくありません。この場合は、複数の業者から取った見積書を提示しておけば、無理に交渉する必要がなくなります。1社ずつ査定を依頼することもできますが、先ほどもご紹介したように買取一括査定を活用すれば、時間も短縮することができます。複数の業者から取った見積書を提示することで、自然と金額も高くなっていきます。あなたの想像していた金額よりも高く買い取ってくれる可能性も出てきます。

売却の契約をする際には売った後のことも確認しておく

実際によくあるトラブルになりますが、査定完了後に故障が見つかって、査定額よりも低い金額で振り込まれてしまうケースがあります。車の契約書には、小さい字で「トラブル時には返金請求ができる」ことも記載されているので、契約する前には、“査定後日に査定額が変わることはありえるのか“ということも確認しておきましょう。ボイスレコーダーなどで会話の内容を残しておくとトラブルになった際に役に立ちます。

オークションは利用しない

オークションは車に詳しくないと取引することが難しいです。当然ですが、査定価格がオークションで取引されている価格よりも高くなることは基本的にありません。交渉次第ではオークションの相場と同じくらいまで金額をあげることも可能ですが、難易度は非常に高いです。また、オークションに出品しても落札率は40%〜50%と言われています。これはあなたが出品したからといって、必ず落札されるということではありません。さらにたとえ高額で売れたとしても、出品手数料が発生してしまうので、その分あなたに負担がかかります。

まとめ

今回は車を売る際の手続きについてご紹介させていただきました。実際に車を売ろうとしても、何から手をつけていったいいかわからないことが多いです。スムーズに短期間で手続きをしたい、できるだけ高く売るためにも事前にあなたで準備しておくことがあります。注意点も踏まえて対応するようにしましょう。

車を高く売りたい・車の査定額だけでも知りたい方へ

一つでも当てはまる方は車の一括査定をおススメします。

>> 高額が期待できる車一括査定サイトの比較一覧 <<

>> 今すぐ車の査定額だけでも知りたい <<

Copyright 車売却一括査定ガイド All Rights Reserved.