最高値で車売却!【車一括査定ガイド】

新車を購入する時の豆知識

  •  
  •  
  •  

日本車・外車購入の違いとは? 輸入車を購入する前の注意点とは?

今や日本の車は日本国内ではもちろんのこと、デザイン性、機能性など総合的に海外でも非常に高い評価を受けています。海外で日本の車が輸入されていることで、さまざまなメリットがあります。

外車と比較しても、日本の車の品質が高くて、性能が良くて修理やメンテナンスを行う頻度が低いとされています。そのため、低コストで高額で販売されることもなく、とくに修理やメンテナンスに時間がかかることもありません。日本の車は、近年はとくにレギュラーガソリンで、低燃費仕様の車に人気が集中しており、車を購入した後の経済的な負担も抑えられるのが魅力的ですね。

それでは、日本人にとって外車にはどのようなメリットがあるのでしょうか。
外車はダイナミックなデザインの車が多く、仕様や車内装備など高級感があります。外車は高いというイメージがありますが、日本車と変わりないぐらいの価格で購入できるものも多数あります。車体の耐久性に優れている車種が多くて、日本車のように頻繁にモデルチェンジされるわけではなく、型落ちしにくいのが特徴的です。

外車の正規輸入車と並行輸入車の特徴やメリットは?

外車の新車について、正規輸入車と並行輸入車の2種類に分類することができます。法律的にこのような言葉が存在しているわけではありませんが、車業界ではよく使われている言葉です。外車の正規輸入車と並行輸入車、それぞれの特徴やメリットについて、詳しくご紹介していきたいと思います。

▼正規輸入車の特徴とメリット、デメリットは?

正規輸入車とは、日本国内での車が支障なく使用できるように、海外では製造の段階から日本国内の車の基準に基づいて車の仕様の変更が施されていて、車の型式について正式に認定された車のことを指しています。
海外の国と契約を取り交わした正規の輸入業者によって、外車を輸入してディーラー店など正規の販売店にて販売されている車が、正規輸入車です。
正規輸入車は、日本の車と同様に右ハンドルになっていて、外車が日本仕様になっています。ベンツと言えば、世界最高級の外車であり、日本国内ではシュテルンやヤナセが正規販売店としてよく知られていますね。

外車を購入するのに、信頼性の高い店舗を選ぶ必要があるため、正規販売店だと安心して車を購入することができます。もちろん、日本車を購入するのと同様に、購入後のアフターサービスも万全で、万が一の時の保障についても日本車のディーラー店以上に質が高いと言われています。万が一、リコールが発生した場合にも、万全な体制により対応してもらえるので、信頼性は抜群です。

正規輸入車と並行輸入車を比較すると、車体の価格はやや高めになりますが、販売店の信頼性が高いという点では安心感があります。

▼並行輸入車の特徴とメリット、デメリットは?

並行輸入車とは、個人の輸入業者や輸入車販売店で販売されている外車のことを言い、正規輸入販売店を通していない外車のことを言います。正規輸入はされていないグレードや車種の外車も購入できるため、正規輸入販売店では販売されていない外車を見かけることもあると思います。

とくに円高のタイミングで購入することによって、並行輸入車の価格が安くなることもあります。外車を注文してから日本国内に取り寄せることも可能ですが、正規輸入車専門の販売店で購入するよりは、価格が安くなるケースが多いようです。

並行輸入車は、正規の輸入車販売店を通していないため、万が一、車の修理やメンテナンスか必要となった場合に、輸入車の正規販売店に修理を依頼しても受付してもらえない場合もあれば、車のパーツの発注ができない場合があります。また、並行輸入車を購入しても、その販売店での保障が受けられるとしても、メーカーによる保証ではないので注意が必要です。

並行輸入車の専門店で購入した外車について、今後、買取を依頼する場合に、同じ車種であっても正規輸入車で購入した外車と比較すると査定額が低くなり、大幅に減額される可能性が高くなります。

並行輸入車の販売店で外車を購入した場合、車検証の車の型式の欄を見ると、正規輸入車専門店で購入した車とは、記載されている文字に違いがあります。自動車保険について、車の型式ごとに車両保険が決まるので、ご希望の補償内容について加入ができなくなる可能性もあります。車の運転による事故を起こした場合に、事故の相手側の自動車保険会社から、保障内容が十分ではなく、不利益とされる保障しか受けることができなかったという事例もありますので、並行輸入車を購入する際には注意が必要です。

部品の交換が必要になった場合にも、部品を取り寄せるまでに長い時間がかかることもあり、修理をするのに工具がその国のものしか使用できないなど、修理やメンテナンス、そして自動車保険など、リスクをともなうこともあります。

外車が日本国内に輸入されて車を所有するまでの過程として、車の運搬費用や通関税などの費用が発生します。外車を購入するのに、車体価格と輸入に関する費用を支払うため、日本車と比較しても、輸入車を新車として購入するのに価格が高くなるのは当然のことです。

近年は、日本国内での外車のニーズが高くなっていることから、従来よりはお求めやすい価格になってきましたが、外車を購入した後の維持や事故後の対応といった点では、並行輸入車の販売店で購入する場合は、まだまだ問題点があるようです。

外車が壊れやすい、修理費用が高いのは本当?

外車は壊れやすくて修理代が高いという話をよく耳にすることがありますが、果たして本当なのでしょうか。昔の外車と比べて耐久性が高く、性能がアップしているので壊れにくくなっていますが、もちろん、国産車も事故などで強い衝撃を受けると車が壊れることはありましたから、外車だけが壊れやすいとは判断できません。

万が一、外車の修理が必要となった場合に、日本車と比較するとやはり外車のほうが修理代が高くつくことになります。もちろん正規輸入車の販売店で購入した場合は、保障がしっかりしていればきちんと対応してもらえます。近年は、日本車と修理費がほとんど変わらないぐらいに良い対応をしてもらえるディーラー店も増えてはいますが、やはり日本車よりは外車のほうが修理代が高くつくのは事実です。

ただし、「外車のほうが日本車よりも壊れやすい」というのは、事実ではありません。
外車に乗る人がまだまだ少なく、故障して修理が必要となった車が外車だという話を聞くと、外車は壊れやすいという先入観に捉われることもありますが、気にする必要はありません。

正規輸入車の販売店で購入した外車であれば、部品の発注や修理にもスムーズに対応してもえらます。並行輸入車を購入した場合、その車が日本国内で使用されるように温度や湿度などの気候の環境に適したものではないこともあり、車が故障するリスクは高いとも考えられます。とくに外車は、電装系の故障が多くみられるのは、並行輸入車が日本の気候に適していないことが原因のひとつと考えられています。

その点、正規輸入車のほうが、万が一の時にも、販売店がしっかりとした対応をしてくれるので、いざというときにも安心ですね。
ただし、車は日本車、輸入車と車の種類には関係なく、事故を起こしたり、物にぶつかった場合に、修理が必要になることもあれば、車が強い衝撃を受ければ、壊れることもあります。

高いお金を払って購入した車を定期的に点検すること、そしてメンテナンスを丁寧にしておかなければ、たとえ壊れにくい車でも壊れることはあります。「外車だから」という視点で考えるのではなく、購入した後は車を大切にして長く乗れるのも、その人次第ということです。もちろん、お好みの車に乗るのがその人にとっては、最良な選択ではありますが、輸入車ならではの特徴やメリット、そしてデメリットについても理解しておく必要があります。

車を高く売りたい・車の査定額だけでも知りたい方へ

一つでも当てはまる方は車の一括査定をおススメします。

>> 高額が期待できる車一括査定サイトの比較一覧 <<

>> 今すぐ車の査定額だけでも知りたい <<

新車購入の豆知識

Copyright 車売却!【車一括査定ガイド】 All Rights Reserved.