最高値で車売却!【車一括査定ガイド】

新車を購入する時の豆知識

  •  
  •  
  •  

車種ごとのグレードとは?

■車の車種にはそれぞれランクがあり、グレードが分けられています

車にはさまざまな車種があり、それぞれの車種についてグレードが分けられていることをご存知でしょうか。つまり、車内装備のランクについて上・中・下、松・竹・梅といった感じで区分されているということです。

見た目には同じ車ではあっても、内装や装備、シートやオーディオなど車内のインテリアなどさまざまな要素から、総合的に判断して車の仕様内容にも違いがあり、これをランク分けしたものがグレードです。

車の車種のグレードは、同じ車種でも10種類以上に分けられているものもあり、グレードについては呼び方も実にさまざまですが、ほとんどの車種で数字やアルファベットによる名称があります。一般的に、グレードが高い車であるほど、当然車体金額に高く反映され、車内のインテリアや装備にもこだわって造られています。

これから新車を購入したいと検討している方は、どのメーカーのどの車種にするのか決めることはもちろん、車種が決まったらどのグレードにするのか、どのぐらいのグレードであれば十分に満足度が得られるのかが重要ポイントになります。人それぞれ、車の選び方について価値観に違いがあり、使用用途や好み、家族の人数などによって、グレードの選び方が基準が変わってくることもあります

新車を購入して納車されてから、「やっぱりグレードはこの程度にしておけば良かった。」と思っても遅いので、新車を購入する前の段階からじっくりと時間をかけて、どのグレードにするのか、検討しておくことです。グレードが高い車を希望する場合は、その分、金額が高くなりますが、ここまでは譲れる、ここから先は譲れないといった部分をはっきりと持ち、新車を購入してから後悔することのないようにしたいですね。

■むやみにハイグレードな車を勧める営業マンは、実はグレードの高い車には乗っていない可能性あり

車1台にしても、さまざまなグレードや車内装備がありますが、新車を購入する際に、販売店の営業マンに話を聞いているうちに、ハイグレードな車を勧められることがよくあります。しかし、どのような機能が備わっているかも知らないのに、営業マンに勧められるままに、無理をしてまでハイグレードの車を選ぶ必要はありません。まずは、最低限、どのような車内装備であれば良いのか、インテリアがどのような感じであれば満足できるのか、自分なりにイメージしてみると良いでしょう。

そのようにハイグレードな車をお客様に勧める営業マンは、実はそんなに高いグレードの車に乗っているわけではないかもしれません。営業マンは、その名の通り、営業をして1台でも多くの車をお客様に売るのが仕事ですから、グレードが低くて価格が安い車を売るよりは、少しでもハイグレードの車を販売したほうが、営業成績がアップします。

もちん、中には、本当にグレードの高い車が良いと自信を持ち、お客様の立場で勧めてくれる営業マンもいます。しかし、営業マンの熱心さに根負けすることなく、まずは冷静になり、しっかりとした判断力を持って決めることです。その場の雰囲気に流されて購入してしまい、後になって悔いが残ることがないようにしたいですね。

テレビで車のCMを見ていると、アルファベット文字がたくさん並んだグレードが出ていて、機能や車内装備などはよくわからないけど、この車なら乗ってみたい!という気になるものです。しかし、百聞は一見にしかずですから、気になる車があれば、まずは販売店にどんどん足を運んでみること、そして不明な点があれば営業マンに尋ねておくことです。

車のグレードを表す文字やその言葉の意味について、各自動車メーカーにより、さまざまな違いがみられることもあります。ここでは、一般的によく知られているグレード名について、ご紹介しましょう。

●RS

RSは、おもにモータースポーツとして使用される車につけられるグレード名で、ロードセーリング、またはレーシングスポーツ、またはランナバウトスポーツの頭文字をとった呼び方です。

●GT

GTとは、グランツーリスモ、またはグランドツーリングの頭文字をとった呼び方で、
とくにセダンのような快適な車内環境やスポーツカーのようなスピード性に優れた車を表すグレード名です。

●SSS

SSSとは、スーパースポーツセダンの頭文字をとった呼び方で、スリーエスと読みます。

●Si

Siとは、スポーツインジェクションの頭文字をとった呼び方です。

このように、アルファベット文字が並ぶグレードの種類にはいろいろありますが、車のグレード選びに迷っているときに、ディーラーの営業マンに相談すると、必要以上にハイグレードな車を勧められる可能性もありますので、あまりおすすめできません

営業マンに相談したところで、ひとつひとつのグレードについて、特徴やメリット、デメリットなどをすべて把握しているというわけではなく、細かい部分については意外と知らない営業マンも多いようです。同じ車種でもさまざまな種類があり、さらに次々に新車が登場しているので、あまりハイグレードにこだわって選ぶよりは、どの程度の機能や車内装備が備わっていれば、十分に満足できるのか、自分なりにその基準を決めておいたほうが良いでしょう

無理にハイグレードな車を購入するよりも、まずはその車種別のカタログを見てじっくり研究しておくことです。不明な点があれば、車のメーカーに直接問い合わせて、納得のいくまで説明してもらうこと、それがもっとも確実な方法です。

車を高く売りたい・車の査定額だけでも知りたい方へ

一つでも当てはまる方は車の一括査定をおススメします。

>> 高額が期待できる車一括査定サイトの比較一覧 <<

>> 今すぐ車の査定額だけでも知りたい <<

新車購入の豆知識

Copyright 車売却!【車一括査定ガイド】 All Rights Reserved.