車の駆動形式について

新車を購入する時の豆知識

  •  
  •  
  •  

車の駆動形式とは?

そもそも車の駆動形式とは、何のことを指しているのでしょうか。「駆動」とは、簡単に言えばエンジンの持つパワーが車のどのタイヤに伝わり、車を動かしているかということです。駆動と聞いてピンとこなくても、2WD、4WDという言葉なら誰でも耳にしたことがあるのではないでしょうか。2WD、4WDとは、車の駆動形式を表す言葉で、2WDとは2輪駆動のことを指し、4WDとは4輪駆動のことを指します。駆動形式は、大きく分類すると、下記の種類のものがあります。

2WD (2×2) の特徴は?

2WDは、2輪駆動のことであり、車のタイヤの前輪、または後輪のいずれかを駆動させるタイプのことを指し、FF、FR、MR、RRなどがこれに含まれています。一般の乗用車のほとんどが2WDの駆動形式です。

FFの特徴は?

FFとは、フロントエンジン・フロントドライブ(Front engine Front drive)のことを指しており、車両の前部にエンジンが搭載されており、前輪によって駆動する方式のことを指します。安定指向で悪天候にも強いといたメリットがあります。

FRの特徴は?

FRとは、フロントエンジン・リヤドライブ(Front engine Rear drive)の頭文字をとって呼び方です。車体の前部に搭載されたエンジンによって、後輪で駆動する方式のことを指します。FRの特徴やメリットとして、コントロール性が良いという点では、FRはとくに優れています。プロぺラシャフトを駆使することによって、車を動かす力がリアドライブに伝わるという仕組みになっています。

MRの特徴は?

MRとは、ミッドエンジンリヤドライブ(Mid engine Rear drive)のことを指しており、車体のほぼ中央に搭載されたエンジンによって、後輪を駆動する方式のことを指します。

ミッドシップとは「真ん中」を指す言葉ですが、実際にはエンジンがやや後ろ寄りに位置しています。一般の乗用車にはMRはほとんど用いられていませんが、運動性能や安定性に優れていることから、レーシングカーのF1など走行スピードを競うのに適しています。

RRの特徴は?

RRとは、リアエンジン・リアドライブ(Rear engine Rear drive)の頭文字を省略した呼び方で、車体の後方部にエンジンが搭載されており、後輪を駆動する方式のことを言います。一般の乗用車には、RRが採用されたものはほとんどなく、ポルシェや大型バスなどの車に採用されています。RRが採用された車は、安定性とトラクションに優れているといったメリットがあります。

4WD(4×4)の特徴は?

4WDとは、フォー・ホイール・ドライブ(4 Wheel Drive)の頭文字をとった呼び方で、四輪駆動のことを言います。四輪ともに駆動力が伝わるため、安定性とトラクション性に優れています。4WDは一般の道路ではもちろんのこと、雪道の走行や砂利道、オフロードの走行にも適しており、牽引力があります

 

以上、車の駆動方式にはこれらの種類がありますが、これから新車を購入するにあたり、それぞれの特徴やメリット、デメリットなどを把握しておくことも大切ですね。ご自身の運転スタイルやニーズに見合う車を選ぶのに、駆動形式や車体のタイプなどを慎重に判断していただくと良いでしょう。

車を高く売りたい・車の査定額だけでも知りたい方へ

一つでも当てはまる方は車の一括査定をおススメします。

>> 高額が期待できる車一括査定サイトの比較一覧 <<

>> 今すぐ車の査定額だけでも知りたい <<

新車購入の豆知識

Copyright 車売却!【車一括査定ガイド】 All Rights Reserved.