最高値で車売却!【車一括査定ガイド】

新車を購入する時の豆知識

  •  
  •  
  •  

新車購入で値引成功した人の体験談

ここでは、実際に友人の新車購入値引交渉の成功事例・体験談をご紹介します。

トヨタで人気の車種と言えば、アルファードはもうすっかりおなじみですよね。ここでは、トヨタ ハリヤーからアルファードの新車に乗り換えた事例について、値引の成功事例についてご紹介したいと思います。

新車を購入するのに、「乗り換え」を考えていたこともあり、下取り店にて現在所有している車の下取りの査定額について、見積書を作成してもらったとのことです。その際に、営業社員との何気ない会話のやりとりの中で、「A県では、新車を購入するのに、値引交渉はあまりできない」「新車を購入するのに、ディーラーの本社に近い支店で、値引について交渉すると、柔軟に対応してもらえる。」といった情報を得て、その人が住んでいる都道府県ではなく、B県の店舗にまで足を運んだとのことです。

以前、車を購入した時には、A県のディーラーで提示された見積書の中身について、値引額などに納得がいかなかったため、さらに足を伸ばして県外のディーラーに来店して、見積書を出してもらうと、A県での値引き額を大きく上回っていたため、B県の店舗で新車を購入しました。その時には、大幅に値引をしてもらい、柔軟に対応してくれたものと納得していました。

ハリヤーを購入する際に、ディーラーと提携するカーローンを組むことを条件に、なんと40万円も値引してもらえたとのことで、これは、値引に成功した事例ですね。ディーラーの本店から各支店に対しては、それぞれの車種について値引の限度額が決められているわけです。

今回は、ハリヤーからアルファードという車に買い替えを考えていて、本社が設定した値引の限度額は7万円でした。しかし、これでは値引額に十分満足できないということで、値引額が低いC支店では、これに少し上乗せをした金額の10万~15万円の値引額が提示されたとのことです。

その次にD支店に行って、同じ車種で値引交渉したところ、24万円の値引額が提示されました。本社から伝えられたとされる値引の限度額について一覧を提示されたところ、「値引限度額が7万円ですが、24万円の値引なので、倍以上の金額となっています。提携するローンを組んでもらえるなら、さらにもっと値引を頑張ります。」という返事でしたが、とくにディーラーと提携するローン会社を利用する気持ちがなかったため、D支店では新車を購入しないこととなりました。値引額は他店よりも高いのにもったいないのでは?と思うかもしれませんが、その理由をあげると、ローンを組むにしても低金利の金融機関を選びたいのに、提携するローン会社は金利が高くつくことから、値引額が高くても、あまり意味がないからです。やはり、他の金融機関と比較しても、5.9%もの金利は高い! それなら、他店での新車購入を検討する余地があるというものです。

そこで、さらにもう1店舗、E支店に足を運び、ちょっとこれまでは異なる観点から、値引交渉を行いました。この店舗の営業社員には、「こちらに来店するまでの間、すでに何店舗か回って、見積書をもらってきました。こちらの店舗で出される見積書の金額や値引額によっては、即契約も考えています。」と伝えたのです。

もちろん、ここまでの内容については、すでにこれまで回ってきたC支店やD支店でも伝えてきました。しかし、E支店ではこれに付け加えて、「ヴェルファイア(競合車)の購入も検討しています。」と伝えました。すると、この一言が大きいのか、営業社員の表情が一気に変わり、「他店の競合車を購入するぐらいなら」ということで、大幅に値引きしてもらい、結局32万円の値引額となり、迷わずに契約を結んだということです。

もう1点、付け加えておくと、今乗っている車について下取りに出す際に、査定額の見積もりを3店で依頼したところ、もっとも査定額が低いのがディーラーでした。やはり、ディーラーでの下取りよりも、中古車買取専門店のほうが、高額で査定してもらえるようです。

以前の車は、残額設定プランでの購入だったため、残価があと160万円でした。それで、査定額がもっとも高い業者に車を下取りしてもらい、230万円の査定額から160万円を引いて70万円となりました。値引額の32万円と下取価格の70万円の合計で102万円となり、以前から欲しがっていたアルファードの新車を提示された金額から102万円も安い価格で購入することに成功しました。

他県のディーラー店にまで足を運び、地道な努力を重ねて営業社員に粘り強く交渉を重ねてきた結果、大幅な値引に成功して納得のいく買い物ができたという成功事例ですね。

ここで最も重要とされるポイントを挙げると、車の下取り価格について、ディーラーにうまくごまかされないためにも、車の買取の比較サイトや中古車買取専門店などで、査定してらい、相場を把握しておくことです。これを先にしてから、ディーラーでの下取り価格について、交渉しておくことで値引に成功する事例が多いようです。反対に言えば、他店での査定をしないことには、買取価格の相場を把握することができないため、ディーラーでの下取りの価格交渉で失敗するケースが多いようです。

ここでは、知り合いの新車購入での値引に関する成功事例をご紹介したわけですが、このことからもわかるように、重要ポイントをしっかり押さえた上で、根気強く値引交渉すれば、ディーラーの値引限度額を超えて大幅に値引されるケースもあるということです。

今回、値引交渉に成功したポイントをあげると、下取りの査定額がもっとも高い業者について徹底的に調べていること、お住まいの地域だけではなく、他県にまで足を運び、粘り強く交渉したこと、複数もの店舗を回り、営業社員としっかりとコミュニケーションしていること、最後の段階で競合車の購入について迷っていることを提示したなど、さまざまな要素が盛り込まれているわけです。

当初は値引限度額が7万円と言われていたのを、根気強くあきらめずに交渉を続けたこと、そして他店との比較、競合する車種の名前を具体的に挙げたことなどが、大幅な値引に繋がりました。値引交渉は、コミュニケーション力も必要ですが、遠くの店舗まで足を運んでできるだけ複数の店舗の中から比較することで、値引交渉に成功する事例も多いということを頭に入れておくと良いでしょう。

車を高く売りたい・車の査定額だけでも知りたい方へ

一つでも当てはまる方は車の一括査定をおススメします。

>> 高額が期待できる車一括査定サイトの比較一覧 <<

>> 今すぐ車の査定額だけでも知りたい <<

新車購入の豆知識

Copyright 車売却!【車一括査定ガイド】 All Rights Reserved.