新車はどこで購入すべきか

新車を購入する時の豆知識

  •  
  •  
  •  

新車は正規ディーラー、サブディーラーなどどこで購入すれば理想的?

トヨタや日産、ダイハツなど、おなじみ車のメーカーは多数ありますが、車の販売店であるディーラーには大きく2種類に分類されており、正規ディーラー、そしてもうひとつにはサブディーラーがあります。

正規ディーとサブディーラーの違いは?

一般的に、正規ディーラーとは、自動車メーカーの公式サイト上から掲載されている販売店のことを指しており、販売している車はもちろん展示車両が店舗内にありますので、お客様のご希望に応じて試乗もOKです。簡単に一言で言えば、自動車メーカーから自動車を直接仕入れて販売している店舗のことを正規ディーラーと言います。

サブディーラーとは、あまり耳慣れない言葉ですが、新車と中古車の取り扱いをしていて、整備工場がある店舗のことを指しています。価格について比較すると、サブディーラーは、おもに正規ディーラーから新車を仕入れているため、その分の値引き額が低くなるケースもあるようです。

しかし、店舗の規模が大きい販売店や店舗に多数の車種を販売している店舗だと、当然仕入する自動車の台数も増えるため、その分余分なコストを省くことができます。そのようなさまざまな事情から、正規ディーラーよりもサブディーラーのほうが、値引額に大きく反映されるケースもありますので、まずは直接出向いてお気に入りの車を決めたら、営業社員と価格について交渉する価値は十分にあるものと見て良いでしょう。

とくに、サブディーラーには、店舗内に整備工場が隣接されているため、「こちらで車を購入した際に、整備などメンテナンスはこちらでぜひお願いしたいので」と一言伝えておくと、営業社員が「それならサービスしましょう」ということで、快く値引きに対応してもらえるケースもありますので、期待大!ですね。

整備工場がある店舗なら、正規ディーラーよりも車検や整備、メンテナンスにかかる費用が安くなることもありますので、サブディーラーならではのメリットが活かされるわけです。

正規ディーラーとサブディーラーは、地方よりも店舗間の競争が激しい都心部や主要都市のほうが、値引額には大いに期待されるものと思われます。とくに近くの店舗でなくても構わない、安くてサービスが良い店舗なら、少し遠くに出向いても良いと思うなら、お住まいの都道府県から離れてみても良いかもしれませんね。
正規ディーラーでは、異なる都道府県であれば、もちろん経営する会社も当然異なるわけですから、お住まいの都道府県にある正規ディーラーで1か所でも見積もりをとっておいて、他の都道府県でも見積もりを取ってもらい、比較する方法もあります。これによって、正規ディーラー間での価格競争となり、競合することによってより安い価格で新車を購入するといった手段もあるわけです。

しかし、他の都道府県の正規ディーラーで新車を購入したからといって、地元でのディーラーでメンテナンスやアフターサービスが受けられないということではないので、とくに心配ご無用です。価格・値引交渉など、最初から他の正規ディーラーとの競合を前面的に出すよりは、交渉の終盤あたりに出したほうが効果的です。時間に余裕がある方、交渉力には自信がある方、徹底的に研究しつくして納得のいく買い物をしたい方は、競合する店舗には、できるだけ積極的に出向いて行くことをおすすめします。

多数の店舗で見積書を作成してもらうことによって、各店舗と競合させることができるため、その中から好条件の店舗を選びやすくなります。

同じメーカー販売店で同じ車種でも値引額と価格には格差が生じることも

欲しい車が見つかったら、まずは店舗に直接出向いて行くことです。そして、1か所ではなくできるだけ複数の店舗で価格と値引額について把握しておきましょう。多くの販売店に行って、見積書を出してもらうことによって、表示される金額にもさまざまな違いがあり、サービスや価格などについて格差が生じることが把握できるはずです。

「なぜ、このように価格や値引額には格差が生じているの?」と不思議に思うかもしれませんが、販売店ごとに人気が高く売れゆきが伸びている車種にもさまざまな違いがあり、店舗により在庫を多く抱えている車種もあります。営業社員がまだ月間のノルマを十分に達していないなど、店舗にはさまざまな事情があるわけです。

現在、多くの店舗を回って新車の購入を検討しているお客様には、「ぜひともうちの店舗で新車を購入してほしい!そのためにはお安くします」ということで、値引額にも反映されて、好条件で提示されることもあります。異なる店舗でも、経営する会社が同じであれば、顧客情報がコンピュータにて管理されるため、これでは「他店と競合させる」ことにはなりません。たとえば、Aというディーラーがあり、経営する企業がB社とする場合に、もう1店舗Cというディーラーに行って、その経営する企業がB社であれば同じなので、ここで競合させるということにはなりません。

そして、とくに新車を購入する意思がない場合、ただ見積書だけを取る場合は、どの店舗に出向いても、営業社員はあまり良い反応を示さないことと思います。「どの店舗で新車を購入して、そのために交渉をするか」、もちろん肝心な部分ではありますが、やはり新車を購入したいという意思を明確にして、前面に出すことが大切ですね。

新車を購入する気がなくて、競合する店舗との見積書さえ取っていれば良いと思われる場合、とくに新車を購入する意思がないと受け取られる場合は、営業社員も価格や値引額については期待に添えない結果になることもあります。しかし、逆に言えば、「本気で新車を購入したい、もしかしたらうちのお店で購入してもらえる可能性がある」という意思が受け取られる場合は、ここからが営業社員の腕の見せ所であり、価格や値引額にも納得のいく結果が得られるものです。

新車は1度購入すればそれで終わりというわけではなく、むしろここからが本当の意味での店舗とのお付き合いが始まります。もちろん、新車をより安い価格で購入できれば理想的ですが、営業社員との価格交渉など商談がスムーズにできてこその大きな買い物ですから、相性の良い営業社員を探すことが肝心ですね。

新車を購入すれば、その店舗とのお付き合いが長く続き、販売を担当した営業社員との関わりがより深くなるので、お互いにより良い関係を築いていくことが大切ですね。値引・価格交渉は、「もっと安くしてほしい」という希望を伝えたところで、やはり最低限ここから先は譲れない部分と、ここまでなら譲れる部分がはっきりしています。ただむやみに値引交渉だけを熱心にしていても、営業社員は、プロの売り手ですからうまく対処できるように心得ているわけです。値引が多い店舗を見つけるのももちろん重要ポイントになりますが、本来ならもっと値引が期待されるのに、わざわざ高いお金を払う必要はないわけです。

新車を購入するなら、ぜひこの営業社員から買いたい、この人とこれからも関わりたいと思わせることも必要で、営業成績が常にトップの営業社員は、お客様との駆け引きが上手で、お客様を納得させること、そして満足させるのがとても上手です。車を安く購入することも大切ですが、実は価格や値引よりはもっとも価値があるのがその部分であり、これから先も長いお付き合いになるので、お互いにより良い信頼関係を築いていきたいですね。

車を高く売りたい・車の査定額だけでも知りたい方へ

一つでも当てはまる方は車の一括査定をおススメします。

>> 高額が期待できる車一括査定サイトの比較一覧 <<

>> 今すぐ車の査定額だけでも知りたい <<

新車購入の豆知識

Copyright 車売却!【車一括査定ガイド】 All Rights Reserved.