最高値で車売却!【車一括査定ガイド】

新車を購入する時の豆知識

  •  
  •  
  •  

新車ご購入時にオプションと装備を上手に選ぶ方法とは?

新車を購入するのに、単に車体の本体だけを見て判断するのではなく、メーカーオプションやディーラーオプションについて、どの付属品を付けるのかどんな装備が必要なのか、検討する必要が出てきます。

車の本体価格が高いのに、さらにオプションを付けるとその分、価格が高くつくのは当たり前ですが、やはり車内で快適に過ごせるように、オプションや装備は充実させておきたいものです。もちろん、オプションを付けることによって、その分、税金にも高く反映されることになりますが、だからといってあまりにも簡素だと快適なドライブが楽しめなくなることもあります。

新車購入時には、何が必要で何が必要ではないのか、慎重に判断する必要がありますので、ここは肝心要ですよね。

ディーラーオプションとメーカーオプション、その違いは?

▼メーカーオプションとは?

一般的に、メーカーオプションとは、カーナビやセキュリティーシステム、ヘッドライト、サンルーフなど、車と一体で販売されているものが多く、ご契約時に注文を請けてからメーカー工場にて製造される過程でオプションとして取り付けられるもので、ご注文後の追加や取り外しなどができません。とくに高額なオプションが多く、販売店では値引きしても値引き額が低くなることが多いようです。

▼ディーラーオプションとは?

アルミホイール、エアロパーツ、カーナビ、オーディオ系、フロアマットなど、ディーラーが取り付けるアクセサリー品のことをディーラーオプションと言います。ご契約後、納車された後でも取り外しや追加、取り付けが可能なものもあります。メーカーオプションと比較すると、値引額も期待される見込みがあります。

付属品によっては、ETC車載器やカーナビなど、メーカーオプションとディーラーオプションの両方に共通するものもあります。装備品などのオプションは、必ずしもつけなければならないということはなく、あくまでもドライバーのニーズに合わせて必要なものを選ぶといった形でOKです。仮に不必要とされるオプションを付けても、ムダになる可能性も考えられるので、慎重に選んで判断しましょう。

メーカーオプションとディーラーオプションで失敗しない選び方

車のカタログを見ていると、付属品はどれも見栄えが良くて機能性も充実していて、デザイン性も良くて、眺めているうちについ「あれもこれも欲しい!」と思い、夢は広がるばかり! しかし、本来、オプションとは車の本体以外に本当に必要と思われる物をいくつか選んでつければ良いものであり、オプションがないと車がスムーズに動かない、走行に影響するといったものではありません。

とくにまったく必要がないと思われるのなら、極端に言えばオプションはつけなくても良いわけです。また、ひとつひとつのオプションについて、どのような意味を持つものなのか、どんな機能があるのかもよく把握していないのに、ディーラーの営業社員から「オプションを付けたほうが良い」と勧められたからといって、不純な動機でむやみにつけないことです。営業社員は車を売るとともに、オプションをできるだけ多くつけてもらって高く売りたいという意図があります。しかし、車の買い手側にとってみれば、「無理につけなくても良い」わけです。ご自身のカーライフにとって、本当に必要なものなのか、よく考えてみましょう。とくに、初めて車を購入する場合は、判断がつきにくいこともあります。営業社員の勧められるままに、なんとなくその気にさせられてしまうと、かえって迷うこともありますので、ここは慎重に判断することです。

オプションを付けることによって、それが近い将来に故障して修理が必要となり、もともとは付ける必要がないものでも、つけてしまってからでは遅いのです。ディーラーによっては、新車とオプションは「売ってしまえば売りっぱなし、売れればそれで良い」のが見え見えの営業社員もいますが、実際のところ、お客様に「このオプションはあったほうがいいですよ。」と熱心に勧める営業社員ほど、実は自分の車にはそのオプションを付けていないこともあります。

意外にも、オプションについて内容がよくわからないうちに付けているドライバーが多いものです。「内容がよくわからないけど、ディーラーが勧めてくれるものはなんとなく良さそうな気がして。」といった勧められるままにつけるのも良くないですが、反対に「内容がよくわからないから、オプションはあえてつけないほうが良い」と勝手に判断するのも良くありません。

新車を購入してから、後になってオプションの必要性を実感して、「つけておくとこんなに便利だとは知らなかった。付けておけば良かったのに」と後悔することもありますから、ひとつひとつのオプションについて特徴や機能性、メリットやデメリットについてもよく理解してから判断することです。車は高額な品物ではあっても、やはり「物」ですから、丁寧にメンテナンスをしているつもりでも、絶対に壊れたり破損しないというものではありません。

とくにオプションは付属品ですから、車につける数が多ければ多いほど、壊れるというリスクが高くなるので、メリットや便利さだけにこだわるのではなく、ニーズが高いものを選び、デメリットがあることについても、頭に入れておかなくてはいけません。

車を高く売りたい・車の査定額だけでも知りたい方へ

一つでも当てはまる方は車の一括査定をおススメします。

>> 高額が期待できる車一括査定サイトの比較一覧 <<

>> 今すぐ車の査定額だけでも知りたい <<

新車購入の豆知識

Copyright 車売却!【車一括査定ガイド】 All Rights Reserved.