最高値で車売却!【車一括査定ガイド】

新車を購入する時の豆知識

  •  
  •  
  •  

ハイブリッド?EV?エコディーゼル?ガソリン車とエコカーの種類・解説

■エコカーとガソリン車の種類について

一昔前の時代と今とでは、車の機能は比較にならないほど、性能がグンとアップしており、車内装備、エンジン機能、タイヤなどどれをとってもハイレベルになりました。車はガソリンで走る乗り物といった認識でしたが、近年は車の排気ガスなど、環境問題にも真剣に取り組みがなされるようになり、今やガソリン車からエコカーの時代へ大きく変わろうとしています。

とくに、ここ数年間で車業界は大きな進歩を遂げており、車はガソリンではなく電気エネルギーで走る時代がこんなに早く来るとはまったく想像もつかなかったことです。

地球温暖化や空気汚染などの問題が深刻となり、現代社会はもはや車は一家に一台ではなく、ひとりにつき一台と言われる時代となりました。車社会とも呼ばれるようになり、地球環境に優しいエコカーに高い関心が寄せられることとなりました。

現代の車事情は、日本人のライフスタイルや地球環境などによって、大きく変化しつつあります。そこで、ここではガソリン車とエコカーの種類ついて、それぞれの特徴やメリットなどを詳しくご紹介していきたいと思います。

●ハイブリッドカー(HV) の特徴は?

今やハイブリッドカー(HV)は、エコカーの代表格であり、ガソリン車、電気自動車の両方の機能を兼ね備えた車として、知名度が浸透してきました。ハイブリッドカーは、低燃費ガソリン車であり、もっともなじみ深いのが、トヨタのプリウスや、ホンダのインサイトですね。一般の乗用車と比較すると、車体がやや重くて、大型タイプのバッテリーが設置されています。

ハイブリッドカーには、シリーズ型やパラレル型、シリーズ・パラレル型などのタイプがありますが、これらは今現在、一般的に使用されているのはパラレル型です。シリーズ型とは、モーターのみで走行する方式のことを指し、シリーズ・パラレル型は、低速時はモーターのみで走行、スピードがアップするとモーターとエンジンが効率良くそれぞれのパワーを発揮するタイプのことを指します。パラレル型は、エンジンが主役でそのサポーターとしてモーターが存在しているタイプのことを指します。

●プラグインハイブリットカー(PHV) の特徴は?

プラグインハイブリットカー(PHV)とは、エンジンとモーターの両方の機能を兼ね備えた自動車のことを指します。電気の充電は、家庭用コンセントを用いることができます。プラグインハイブリットカーは、電気自動車とハイブリッド車のそれぞれのメリットが活かされた車であり、地球環境に優しい車として注目されるようになりました。とくに、ガソリンの消費量が一般の車よりも少なくて、CO2排出量も少ないということで、次世代の車として早くも期待されています。

プラグインハイブリットカーは、近距離での走行は電気自動車として、長距離での走行はハイブリットカーとしての機能が活かされており、走行中にバッテリーが切れた場合にも、ハイブリットカーとして走行が可能です。

●EVの特徴は?

EV(Electric Vehicle)は、日本語で「電気自動車」のことを指し、充電した電気をエネルギー源として走行します。ガソリン車と比較すると、CO2(二酸化炭素)を排出しない車として、地球環境に優しいことで注目されています。走行中は騒音が少なくて、車内は快適ですが、長距離の走行には不向きです。現時点では、一般の車両よりも車体価格がやや高くなっています。

EVのメリットをあげると、メンテナンスが簡単で、電気自動車なのでガソリンの価格がこれから先さらに高くなることはあっても、影響を受けることもありません。これから先、EVが普及すれば、使い勝手がさらに良くなるものと見込まれてはいますが、現時点では充電スポットがまだ少ない、休日に利用できない場所があるなど、いくつかの問題点があります。

●エコディーゼル(クリーンディーゼル)の特徴は?

車の走行時のCO2の排出量が少なく、従来のディーゼル社と比較すると、NOx(窒素酸化物)やPMの排出量が少なく、しかもガソリン車と比較すると燃費が20~30%も良いという点では、エコディーゼル(クリーンディーゼル)車を選ぶメリットは大きいと思います。

しかし、ディーゼルエンジンが搭載されているため、車体の重量が重く、ガソリン車と比較するとやや価格高で、ディーゼル車特有の振動や騒音があります。今後は、このような問題点が改善されることによって、少しずつ普及すれば価格も安くなるものと期待されています。近年は、排ガス規制基準をクリアしたエコディーゼル車も登場しています。

■現時点でいくつかの課題か残されているが、電気自動車の将来性に期待!

エコカーはテレビCMに頻繁に登場していて、とくに車に興味がない方にも地球環境に優しい車ということで、エコに関心が高い方にも注目の的となりました。電気自動車は、静かで騒音が少ないことから車内で快適に過ごせるという点ではメリットが大きいですが、これがデメリットとなる場合もあります。

一般道路を歩いている時に、歩行者が「車が近づいている」ことを認識するには、車が近くに来ていると目で見て判断すること、そして車の走行音で確認する必要があります。しかし、走行音が少ない電気自動車は、車の音を耳で確認することが困難になる場合もありますので、車を運転する人や同乗者にとっては快適な環境でも、歩行者にとってはともすれば危険を伴うリスクがあることも考慮しなければなりません。

車が近づいているのに、歩行者が気づきにくいようでは歩行者にとっては歩行の安全性が損なわれてしまい、ドライバーにとっては運転による事故リスクが高まることにもなりかねません。ですから、車の走行中の騒音が少ないことは、メリットのように感じられても、実はデメリットでもあるということです。

車の走行音は、車が近づいてきたことを歩行者が速やかにそれをキャッチすることであり、万が一、事故にならないように警告をしていることでもあります。車社会の現代では、一昔前の時代よりも、車の数ははるかに多いわけですから、もし、すべての車が騒音の少ない電気自動車になったとしたら、排気ガスを排出しないという点では安心感が得られる反面、走行音が少ないと、歩行者が交通事故に遭遇する可能性が高くなるとも考えられます。

もう1点、電気自動車の問題点を挙げると、当然のことですが、車を走らせるのに充電をする必要があります。100ボルトコンセントを利用する場合に、4~16時間も充電をする必要がありますので、かなりの電力が消費されます。

車内で暖房や冷房機能を使用する場合、電力の消費が早くなりますので、長距離の運転には不向きです。現時点では、電気自動車専用の充電スポットが少なくて、走行中に万が一車が止まってしまったら、トラブルになる可能性もありますが、土・日には充電ができない場所もあります。

そのような点も踏まえて、今後は電気自動車の普及に向けて、まだまだ多くの問題を抱えているような状況です。近所で買い物をする程度に電気自動車を使うぐらいなら、とくに問題なく乗車できます。

現在は、多くの車がガソリンを供給することによって走行しているのが一般的であり、電気自動車は少しずつ普及しているとは言っても、まだまだ発展途上な段階にあります。ガソリン車や電気自動車など、乗車する上でのメリットやデメリットは実にさまざまですが、ご自身のライフスタイルやニーズに合わせて賢く上手に選びたいものです。

●電気自動車の充電設備はどのぐらい普及しているの?

2012年9月に掲載された新聞の記事によると、「2020年までには、電気自動車の急速充電設備を4000か所に増やす」という意向で、JX日鉱日石エネルギー・住友商事・日産自動車などの企業が協力するということです。

現時点においては、電気自動車の急速充電設備が、日本国内には約1300か所設置されている程度で、これまでの販売台数はわずか3万台ほどです。今後は、東日本高速道路やコンビニのファミリーマート、成田国際空港などが連携し合いながら、急速充電設備の利用については、10月からは専用のカードにより、決済できるようにするとのことです。

電気自動車の普及については、日産自動車がとくに力を入れていますが、ハイブリット者や燃料電池車については、ホンダやトヨタがとくに力を入れており、今後が期待されるところです。

各企業との連携により、今後は電気自動車がどの程度普及するのか、さらに利便性が向上されるように期待が寄せられています。

●電気自動車と言えば一人乗りEV・コムスがついに登場!

コムスという電気自動車をご存知でしょうか? 2000~2011年頃に初代が登場してから、当初は個人で購入する人は少なく、宅配などの業務用の車として使われていました。コムスは、トヨタから好評販売中の電気自動車であり、2012年7月には新型コムスが登場しました。ひとりで短距離を車で移動するのに良い車ということで、ちょっと街までお出かけしたい方に、お気軽に車に乗りたい方をターゲットにしたものです。

新型コムスと初代コムスを比較した場合、ボディフレームや外観のデザインの良さにもこだわり、よりスタイリッシュにスリムになりました。これまで電気自動車の存在は知ってはいても、あまり身近に感じられなかった方にも、ひとりでお気軽にすぐ近くに行きたいときに、お手軽に乗車できる車というイメージが定着して、一般庶民に高い関心が寄せられるようになりました。

新型コムスは、まさに今風の車であり、今の時代にマッチングした新しいタイプの電気自動車だと言えるでしょう。すでに大手コンビニ店では、宅配用に新型コムスを採用しており、とくに被視認性や衝突性能など安全面や機能面でも安心感があります。個人でご利用いただく方には、ショッピングや通勤、通学など身近な存在であり、利便性を兼ね備えていて、手軽でおしゃれな移動手段として、話題を集めているようです。

新型コムスについては、個人タイプのP-COMとビジネスタイプの-COMの2種類のラインナップで、いずれもクリーンエネルギー補助金対象車両ですから、60万円以下の低価格で、お手軽にそしておしゃれ感覚で乗れるのが魅力ですね。

気になるのは、新型コムスの消費電力ですが、1キロあたりの走行につき電気代はわずか約2.4円ですから、地球環境にもお財布にもとても優しくて安心ですね。そして、うれしいことに節税対策も新型コムスなら安心ですね。コムスをご購入していただくことで、自動車重量税や所得税がかかることもなく、これを知らないままでいると、なんだか損してしまいそうな話です。


車を高く売りたい・車の査定額だけでも知りたい方へ

一つでも当てはまる方は車の一括査定をおススメします。

>> 高額が期待できる車一括査定サイトの比較一覧 <<

>> 今すぐ車の査定額だけでも知りたい <<

新車購入の豆知識

Copyright 車売却!【車一括査定ガイド】 All Rights Reserved.