最高値で車売却!【車一括査定ガイド】

新車を購入する時の豆知識

  •  
  •  
  •  

ディーラーなどで車を試乗する際のチェックポイント・実物の確認点

車のディーラー店で実物を見て試乗する時のチェックポイントは?

これから新車を購入したい!と考えているなら、まずはお近くの車のディーラー店に足を運び、車のカタログを手にして仕様をチェック! ただし、車のカタログを見ているだけでは、どのような特徴があるのか、機能性や乗り心地を把握することはできません。

カタログに掲載されている車の写真を見る限りでは、車体の色合いが美しくて高級感が感じられるのに、ディーラー店で新車を見たら、内装が安っぽい、車体の色が違う、車内が窮屈で狭く感じられるなど、現物を見てみないとわからないことがたくさんあると思います。

カタログに掲載されている写真は、プロのカメラマンが撮影したので、とても美しく見えるのは当然のことですが、実際にディーラー店に行って、カタログに掲載されていた車と車体や色が同じものでも、太陽の光に照らされていることもあり、色合いや質感がまったく違うように思えることもあるでしょう。実際に車選びの段階になって、カタログを見ただけで、すぐに「この車が欲しい! これにしよう!」と決める人はほとんどいないと思います。車は一生の買い物であり、金額が高いこともあり、実際に車を購入するには、いくつか気になる車をピックアップしておいて、その中から機能性やデザイン性などについて比較して、じっくり検討する人がほとんどです。

車は価格が高いだけに、車選びには失敗したくないはずです。後になって悔いが残らないようにするためにも、じっくりと時間をかけて納得がいくまで自分の目で耳で車の良さを把握すること、メリットについて知るだけではなく、デメリットについても把握することです。そして、ディーラー店にお気に入りの車があれば、まずは試乗してみることです。

ディーラー店に行って、試乗したい車が見当たらない場合は、「新車の購入を考えている」という意思を営業社員に伝えておくと、近日中に試乗が出来るように準備してもらえます。または、事前にディーラー店に電話して、試乗したい車があることを伝えて、あらかじめ来店する日時を決めて試乗車を用意してもらうと良いでしょう。事前連絡なしに、ディーラー店に行くのはもちろんかまいませんが、試乗したい車がその場に置いていないようでは、無駄足になることもありますので、予約をしておけば安心ですよね。

事前に電話しておけば、ディーラー店に行けばすぐに試乗できるので、時間の無駄を省けるとともに、新車をそのお店で購入したいという意思が営業社員に伝わります。ディーラー店としては、「新車を購入するならぜひ当店で!!」と思うのは当然ですから、値引き交渉にも期待ができそうですね。

車はカラーや車体のデザイン性など外見の良さだけでは、購入の決め手にはなりません。車の外見だけで判断しないで、運転がしやすい、操作性が良い、乗り心地の良さ、車内の空間の広さ、機能性などを十分に把握しておくことが肝心です。ディーラー店では、新車を購入する話があらかじめまとまってから見積書を作成してもらう段階で試乗することはもろちん、作成された見積書を見て、営業社員と値引きについて交渉する段階で試乗しても良いでしょう。

車に試乗する前のチェックポイントは?

ここからは、ディーラー店で車に試乗する前、実物を見る時のチェックポイントについて、詳しくお話ししたいと思います。ただなんとなく「乗り心地が良いから」といったあいまいな感覚ではなく、操作性の良さが重要ポイントになります。

運転席に座り、カーナビやエアコンパネルなどを操作してみましょう。とくに、長時間のドライブを楽しむのが趣味である人は、ドリンクホルダーや灰皿の位置を確認しておきましょう。レジャー用品や生活用品、書類などを収納するスペースの広さについて、必ずチェックしましょう。

車は外観だけではなく、車内の内装デザインについても、しっかりチェックしておきましょう。車を運転する人や同乗者にとっては、外から眺めるよりも車内にいる時間のほうが大切ですから、車内で快適に安全に過ごせることのほうが重要ですね。内装について、これはここにあったほうが便利が良くて使いやすいなど、運転席に座ることはもちろん、助手席や後部座席に座ってチェックしてみましょう。

トランクの収納スペースや足元の空間が十分かどうか、必ずチェックしておくことです。とくに、アウトドアライフを思い切り満喫したい人やドライブや旅行が好きな方は、たくさんの荷物を積み込むこともありますので、トランクの収納スペースはできるだけ広いのが理想的ですね。

ベビーカーや車椅子など大きな物を車内に入れるのに、収納スペースが十分でなければなりません。車体のサイズを確認しておくことです。ミニバンやワゴンに試乗する場合は、シートを動かして使い勝手が良いかどうか、入念にチェックすると良いでしょう。

車の実物チェック完了! 試乗でのチェックポイントは?

車の実物チェックが完了したら、いよいよお楽しみの試乗ですね。お気に入りの車に試乗すると、気分がウキウキしてきますが、ここからが新車を購入するか、それとも購入するのをやめるか、大きな分岐点になるわけです。

試乗したら、乗り心地の良さや運転のしやすさが重要ポイントになります。乗っている場所からの視界が良いかどうか、確認しておきましょう。ハンドルの操作性の良さや後方が見やすいなど、要確認です。

シフトが変えやすいかどうか、サイドブレーキが引きやすいかどうか、走行中に不快な騒音がないかどうか、加速にパワーがあるかどうか、といった点が重要ポイントになります。試乗でのチェックポイントは、ドライバーと車の相性の良さが重要ポイントになります。その人の走行パターンによっては、運転しやすい車もあれば運転しにくい車もあると思います。

車の試乗の際には、できるだけ友達や家族など、車に詳しい人と一緒にディーラー店に行くことをおすすめします。自分ひとりだと、車の長所ばかりが目についてしまうこともあります。一緒に行く人があれば、主観的になることもなく、客観的に車を見てもらえることもありますので、良きアドバイザーとなってくれることもあるからです。
もし、共同で車に乗る人がいれば、その人と一緒にご来店して一緒に試乗することです。

近年は、自動スライドドアが完備された車に人気が集中していますが、操作性の良さを実感していただくために、雨の日に試乗することをおすすめします。自動スライドドアがついていればもちろん便利ですが、雨の日に傘もささないで急いで車に乗りたい時に、ドアの開閉がゆっくりだと、かえって不便に感じられることもありますので、試してみることです。

試乗した段階ですぐに購入しなければならないと決める必要はなく、まだ購入する意思が100%ではなくても、1度試乗することによって、イメージがつかめるようになります。試乗したことがきっかけで、思ったよりも運転しやすくて、内装も気に入ったからと、購入を決意する人も多いようです。

新車購入の第一歩として、実物を見て確認して、試乗すること、そして試乗すればさらに購入意欲が湧いてくるというものです。しかし、実際に試乗してみて、「この部分は妥協できない、やはりこの部分が気になる。」ということであれば、購入を思い留まることがあってもそれは仕方ありません。逆に言えば、試乗をして気分がウキウキしているのに流されてしまい、購入することはある意味では危険なのかもしれませんね。

ディーラー店に行って、車の購入を考えてはいるものの、迷っている時に営業社員が「購入をためらっているようなら、ぜひ1度試乗してみてはいかがですか。」と声をかけてくることもあります。

試乗することで購入したいという決め手になることもあり、ここからが新車購入の第一歩を踏み出せることを十分承知しているからであり、1台でも多くの車を販売するのが営業社員の仕事です。新車の購入の第一歩を踏み出すために、ぜひとも営業社員に背中を押してほしいと考えているのであれば、もちろん話は別ですが。

新車を購入するのに、いくつか候補があり、これから値引き交渉をするために、試乗してから購入するかどうかについて、その意思を営業社員に感じてもらうという方法もあります。試乗した後は、まずは気持ちを落ち着けて冷静に判断することです。その場の気分の高まりで契約書にサインをするのではなく、まずはいったん自宅に戻り、その後、十分に検討することです。

本来、新車を購入する目的や用途について、今一度よく考えてみることです。アウトドアライフを満喫するのに、趣味の道具などを車に積んで快適なドライブを楽しみたい、子供や高齢者にとって乗り心地の良い車を探しているなど、本来の目的を見失うことがないように、気持ちをよく落ち着けてから冷静に判断することです。そして、ディーラー店では実物を見てから試乗して重要ポイントをチェックすること、これが基本になります。

車を高く売りたい・車の査定額だけでも知りたい方へ

一つでも当てはまる方は車の一括査定をおススメします。

>> 高額が期待できる車一括査定サイトの比較一覧 <<

>> 今すぐ車の査定額だけでも知りたい <<

新車購入の豆知識

Copyright 車売却!【車一括査定ガイド】 All Rights Reserved.