最高値で車売却!【車一括査定ガイド】

新車を購入する時の豆知識

  •  
  •  
  •  

カーナビは新車を購入する時につけるのが得? 純正・社外などオススメのメーカーは?

今やカーナビが普及して、多くのドライバーが使用いしています。
ほとんどの車に搭載されておりドライブには必要不可欠な存在となりつつあります。

しかし、カーナビにはメーカーオプション、
またはディーラーオプションなど純正なカーナビもあれば、

車のパーツ専門店などで市販されている社外品のカーナビもあります。

もし、カーナビを付けたいと考えているのであれば、
どのようにして選んだら良いのか、迷うこともあるでしょう。

 

カーナビが車内に1台あればとても便利なのは確かですが、
目的地にたどり着くまでにカーナビの通りに走行したら、かえって遠回りになってしまった」 という経験をお持ちの方もいるようです。

初めて行く場所や、道がわかりにくい場所に行くのに、カーナビがあれば心強い存在です!
目的地までのルートについて音声で案内され、この先走行する道路の渋滞に関する情報や、高速道路の走行に関する情報をその場ですぐにキャッチすることができます。

とくにHDDナビは、音楽に関する情報の記憶が可能になり、今やカーナビはどんどん進歩を遂げていて、カーライフをより充実させてくれる必須アイテムと言っても良いほどです。

純正品のカーナビのココがおすすめ!

さて、ここからはカーナビの純正品と社外品について、それぞれの特徴やメリット、そしてデメリットについて詳しくご紹介していきたいと思います。

新車購入時にカーナビをつけたほうが良いのか、どのようなものを購入したら良いのか迷っている方は、ここから先は必見です。

純正品のカーナビのメリットは?

  • 基本保証期間は3年。
    家電製品などに比べると保証期間が長くなっています。
    車検を受ける際に保証延長プランに加入しておくことで最長で7年間までOK。
  • バックモニターとの連動が可能。
    社外品と比較しても純正品のほうが車上荒らしに遭うリスクが低い
  • 地図の更新は3年間無料で、スッキリとした収納で車内の見栄えが良い
  • ハンドルでナビ操作が可能な車種も!
    純正品のカーナビがついた車を下取りに出す場合、多少は査定額が上がる
  • 純正品カーナビがついた車の車種の一部で、レストランなどの近隣に関する情報をオペレーターから直接電話で聞ける機能が備わっているものもある

純正品のカーナビのデメリットは?

  • 性能で比較する場合、調節機能や音響設定など、社外品よりは性能がやや劣るものもあり、走行中にはテレビが映らない、操作不可
  • 車が古くなり、今後は乗り換える場合に、純正品のカーナビを取り外して次の車で使用することができない
  • 純正品のカーナビの種類が少ないため、選択肢が狭くなる
  • 同じ性能のカーナビでも社外品と比較すると、純正品カーナビのほうが価格が高い
  • カーナビを設置した後に、使い勝手の良いものに買い替える場合に、純正システムであることがネックになることがある

社外品のカーナビのココがおすすめ!

社外品のカーナビのメリットは?

  • 性能が同じものでも純正品と社外品を比較する場合、社外品のほうが価格が低いものが多い
  • 純正品よりも性能が高い社外品カーナビが次々に販売されており、種類が多くて選択肢が広いため、機能やグレードなどお好みのタイプが見つかりやすい
  • 今後は車を乗り換えても、次の車で使用可能
  • とくに車を購入する時につけるわけではなく、税金の節約対策になる
  • 店舗にて実際に目で見て手で触れて確かめてから使い勝手の良さや利便性について確認できる
  • とくに音響設定などカスタマイズしやすいので、音楽を重視する方に最適

社外品のカーナビのデメリットは?

  • 保証期間は純正品が3年、社外品は1年と短期間
  • カー用品専門店で取付してもらうと、工賃が高くなることがある
  • とくに社外品カーナビは車上荒らしで狙われる傾向にある (これを防ぐための対策として、盗難保険に加入しておくと良い)
  • 社外品の機種によっては、高級車などの内装に合わないものもある

カーナビは、発売された当初よりは普及していることもあり、価格は安くなってます。
修理が必要とされる場合に、修理費用が高くつくことがありますので、長い目で見ると、保証期間が長いもののほうが、節約になるという考え方もあります。

自動車所得税は、カーナビなどの装飾品やオプション込みの金額で計算されます。
新車を購入する際に純正品カーナビを付けることで、その分が税金に反映されるため、高くなります。
税金対策を重視するなら、カーナビは新車購入後のほうが良いでしょう。

店舗に直接出向いて、カーナビを選ぶのも良いですが、通販サイトだと同じ品物でも店舗よりも安い価格で購入可能です。
通販サイトで購入して、ご契約時にディーラーで取り付けしてもらえるように、営業社員に交渉するのも良いですね。

純正品カーナビ・社外品カーナビには、それぞれにメリットやデメリットもありますが、トライバー自身にとって良い選択をすることです。
どの部分をとくに重視するかによって、選ぶポイントが変わってくることもありますので、どちらのタイプが良いのか、自分のニーズに見合うカーナビが必ず見つかることでしょう。

カーナビを上手に選ぶポイントは?

規格が合わない場合は設置不可能! DINに注意しよう

カーナビを選ぶ前に、購入する予定、または購入した車の規格についてあらかじめ把握しておく必要があります。
限られたスペースにカーナビを設置するわけですから、どんなに性能が良い物でも、規格が合わなければ話になりません。
ナビ自体の大きさについてはDINについて、1DIN2DINの2種類があります。
1DINは縦50mm×横178mm2DINは縦100mm×横178mmです。

カーナビを取り付ける位置の違いとは?

カーナビには、インダッシュタイプオンダッシュタイプの2種類のものがあります。

インダッシュタイプのカーナビとは
収納されたモニターがダッシュボードの上に出てきて、高い位置にあるので見やすくて、収納されるので見栄えが良いというメリットがありますが、モニターが出てくるのが邪魔だと感じられる場合もあります。

オンダッシュタイプのカーナビは
本体とモニターが別々になっています。インダッシュタイプとは違い、モニターが収納されることはありません。そのため、モニターには日航が直接当たり、ときに夏の暑い時は注意が必要です。

メモリーナビとHDDナビの特徴の違いは?

メモリーナビとは
メモリーAVナビまたはSDナビなどの種類があり、機能面ではシンプルですが、SDメモリーカードに地図データが読み込まれており、低価格でHDDナビよりも容量が少なくてコンパクトなタイプです。

HDDナビとは
その名の通りハードディスクに地図データがっており、音楽データの大量保存もOK。メモリーナビと比較すると、機能性が良くて価格はやや高めですが、地図の更新も簡単で扱いやすいのがメリットです。

今やカーナビも進化!  i-Podやi-Phoneへの対応は?

カーナビも次々に新製品が登場しており、今やカーナビも進化していますね。i-Podやi-Phoneへの対応が気になる方にとっては、ここが重要ポイントになります。

これらに対応可能なカーナビなら、充電しながら音楽を聴いて楽しみ、選曲もカーナビのタッチパネルからお好みのまま、端末での操作が可能です。

渋滞状況や渋滞予測などVICS機能がついたカーナビ

ドライバーにとって快適なドライブ、そして安全な運転のためにも、渋滞状況や渋滞予測などVICS機能がついたカーナビだと心強いですね。

音質の良さにこだわるなら5.1chサラウンド

フロント、サブウーファー、前後左右のスピーカーがついた5.1chサラウンドでは、臨場感のある音質・音響をお楽しみいただけます。

ワンセグ・フルセグ対応について

カーナビでは、受信アンテナがワンセグ・フルセグともに同じ物が使われているため、電波の特性がそのまま表れるのが特徴的です。

マップマッチング機能について

カーナビもますます機能性がアップしましたが、GPSだけだと現在地の取得がずれる場合がありますので、マップマッチング機能が搭載されていれば、位置情報について正確に把握することが可能です。

カーナビで人気・オススメの社外メーカーはココ!

カロッツェリアのカーナビが大人気! その理由は?

カロッツェリアのカーナビで人気機種は、「サイバーナビAVIC-VH09CS」です。
今やドライバーに大人気のカーナビで、操作性の良さと機能性の高さは抜群です。
走行中の風景やデータ、各情報が重ねて表示され、見やすくて快適なカーライフをサポートしてくれます。

高速道路をまたいだ場合や走行時のふらつき防止の注意音や交差点の通過音、前方車両への注意喚起など、多彩な機能が搭載されています。快適で安全なドライブの強い味方ですね。

カロッツェリアのカーナビで人気機種にはもうひとつ、「楽ナビLite AVIC-MRZ07」があります。工事や事故、渋滞に関する情報を速やかに探知して、そのときの道路の状況などに応じて最短ルート検索可能で、カーナビでの案内により遠回りになることもなく、快適な走行をサポートしてくれます。
ルート検索では、距離ではなく最短時間にこだわり、検索することができるので、移動時間の無駄を省けます。

パナソニックのカーナビが大人気! その理由は?

家電製品でおなじみのパナソニックの人気カーナビ機種は、「ストラーダFクラスCN-HX3000D」と「ストラーダSシリーズCN-S300WD/CN-S300D」です。

「ストラーダFクラスCN-HX3000D」は、大規模な災害が発生した場合に、警告音でのお知らせ、道路の渋滞を想定して最短ルートを検索する機能が備わっています。

GPSが届きにくい場所でも、位置情報を正確に取得することができます。マルチカメラシステム搭載により、助手席や車両の後方など、運転手席からは見えにくい場所の確認も可能で、快適で安全な運転をサポートしてくれます。

「ストラーダSシリーズCN-S300WD/CN-S300D」は、ハイクオリティなデザインにこだわり、ステアリングスイッチによる標準対応で、ハンドル操作で音量調節が可能です。とくにスマホとの連動性が良くて高画質・高音質で目的地を送信することができます。

この他にも、まだまだご紹介したいカーナビはたくさんありますが、とくにこの2社の製品は口コミ評価が高く、高性能で操作性も良くてオススメです

とくに最近は、ワンセグでケータイ・スマホ対応の使い勝手が良いカーナビが選ばれる傾向にあります。

道路の渋滞に関する情報や渋滞となった場合の対応がしっかりしているカーナビ、渋滞からの回避ルート検索が可能なカーナビは、ドライバーにとっては頼れる味方ですね。

カーナビには便利な機能が搭載されており、次々に新しい製品が登場していますが、性能面はもちろんのこと、タッチパネルで操作性の良さ、ルート 検索や案内など便利な機能が搭載されているものが売れ筋ですね。
カーナビを選ぶ上で、ここは重要なチェックポイントになりますので、気になる製品があれば複数で価格や機能性など、じっくりと比較してみてはいかがでしょうか。

固定型のカーナビよりもポータブル型?

カーナビには固定型とポータブル型がありますが、それぞれのタイプにメリットやデメリットがあります。ポータブル型は、移動や取付が簡単に出来るタイプのカーナビのことを指します。

ポータブル型カーナビのメリットは?

    車を高く売りたい・車の査定額だけでも知りたい方へ

    一つでも当てはまる方は車の一括査定をおススメします。

    >> 高額が期待できる車一括査定サイトの比較一覧 <<

    >> 今すぐ車の査定額だけでも知りたい <<

    新車購入の豆知識

    Copyright 車売却!【車一括査定ガイド】 All Rights Reserved.