2015年度乗用車ランキング

新車ニューモデル情報

  •  
  •  
  •  

2015年度ランキング!乗用車で売れた新車はどんな車?

新年度が始まる時期になると、新たな生活のために車を購入する方もたくさんいらっしゃいますね。

その時、どういった車を購入するかを決める時、参考になるのが、一般社団法人日本自動車販売協会連合会が発表している『新車乗用車販売台数月別ランキング』です。 

当然上位に入ってくる車種は、走行性能やボディデザインに魅力があるということになりますよね。

それでは、上位の車種から紹介していきます。

第1位:トヨタ・プリウス

(出典)http://kakaku.com/

トヨタ・プリウスが世界中で支持されている大きな理由のひとつに、世界初の量産型ハイブリッド車であるという点です。 

1997年にプリウスが発売されるとハリウッドスターがこぞって乗り、競うようにエコロジストであることをアピールしました。それ以降も、エコカーの代名詞としてプリウスは世界中で支持を集めています。

プリウスの特徴は何といっても燃費の良さです。

最新モデルの燃費は40.8km/Lと公表されています。
加えて、走行時の音が静かであることが挙げられます。

歩行者のすぐ隣を走っていても、EVドライブモードであった場合はまったく気づかないほどです。

これには歩行者に気づきやすいようにすべきではないかとの議論もありますが、道路の整備とプリウスの走行性能の高さについては別問題と言えるでしょう。 

プリウスには様々な衝突回避支援機能が搭載されているため、EVモードの走行が静かすぎて歩行者にとっては危険であるという議論は的外れといえるのではないでしょうか。

その証拠に2015年の新車販売台数第1位を獲得しています。

第2位:トヨタ・アクア

(出典)http://toyota.jp/

トヨタ・アクアはトヨタがプリウスの後に販売したハイブリットカーです。

ハイブリッドという同カテゴリーで同じ会社から販売すると、顧客の奪い合いになるのでは、と考えるかもしれませんが、プリウスが3ナンバーであるのに対し、アクアは5ナンバーのコンパクトサイズであることが支持され、ハイブリッドならではの高い燃費性能の相まって消費者から支持を集めています。

燃費については、アクアが発売される前のプリウスの燃費が最大約32km/Lであったのに対し、アクアは37.0km/Lと燃費に関しては先行して発売されたプリウスよりも分があります。これは後発品の強みと言えます。

加えて、コンパクトカーの懸案であり続けるラゲッジスペースについても、Gグレードでは300リットル以上の容量を備えています。

ボディカラーも3つのグレードで11色がラインナップされていることから、消費者の選択肢が広がっていることも評価のポイントでしょう。

3位:トヨタ・シエンタ

(出典)http://toyota.jp/

シエンタはトヨタが販売しているコンパクトカーとミニバンの長所を備えた車種です。

フルモデルチェンジを2015年に行い、それ以降、コンパクトカーであるにも関わらず7人乗りである点や、3列目シートを格納することによって確保できる広いラゲッジスペースを備えている点が多くの消費者から評価され、急速に売り上げを伸ばしてきました。

大人数を乗せるか、荷物をたくさん載せるか、状況によって臨機応変に対応できるコンパクトカーは、他にはなかなか見つかりません。

シートの格納の操作に関しても非常に簡単に行えることも、消費者の支持を受ける大きなポイントとなっています。

第4位:ホンダ・フィット

2001年の発売以来、乗用車としてはホンダが販売している車種のなかで最も小型なのがこのフィットです。 

発売以降、2回のフルモデルチェンジを行っており、2017年現在は3代目ということになります。

コンパクトなだけではなく、予防安全性能として、『シティブレーキアクティブシステム』を搭載しており、これは平成27年度自動車アセスメントの予防安全性能評価において、最高ランクを獲得しています。 

また、ボディのタフさを評価する衝突安全性能においても最高ランクを獲得しています。

コンパクトカーの場合は常に懸案となるラゲッジスペースですが、ホンダ・フィットの場合は、5人乗りにも関わらず大容量を誇っています。 

後部座席をフラットにすることでさらなるスペースを確保することもできる点も消費者から支持を受けている大きな理由です。

第5位:日産・ノート

発売以来、消費者から支持されている日産のコンパクトカー『ノート』が第5位にランクインしました。 

日産・ノートが支持されている理由のひとつにアラウンドビューモニターがついていることが挙げられます。

これがあれば、運転技術や駐車のテクニックに自信がない人でも、簡単にかつ安全に車を操作することができます。 

また、走行性能においてもFF車の場合、3気筒1.2リットルエンジンを搭載していて、かつ燃費も1リットルあたり22.6kmと優れている点も高評価を得ているポイントです。 

まとめ

ここまで、2015年の新車乗用車販売台数を見てきましたが、いかがでしたか?

多く売れている車は、つまり消費者から熱い支持を受けているということになります。
今後の車選びの参考になれば幸いです。

少しでも高く車の売却をしたい方へ

車売却
少しでも高く車を売りたいとお考えなら、当サイトの「車売却の秘訣」 ご覧ください。

 

Copyright 車売却!【車一括査定ガイド】 All Rights Reserved.