最高値で車売却!【車一括査定ガイド】

新車ニューモデル情報

  •  
  •  
  •  

ニューモデル!スズキ・アルトの進化を探る

スズキは、ニューモデルの軽自動車「アルト」を2014年12月22日より発売しました。
真っ赤な同機種がCMに登場し、個性的なエクステリアが話題になりました。

スズキによれば、同機種は「燃費性能」、「走り」、「デザイン」、「安全性能」を進化させたといいます。
早速、この進化を探っていきましょう。

燃費性能について

まず、燃費性能については、心臓部となるR06A型エンジンと副変速機構付CVTに大幅に改良を加えました。
エンジンの吸気や排気系を新しく設計し直した上で、圧縮比を向上させ、EGR(Exhaust Gas Recirculation)も採用しました。
CVTは、変速比を軽量化した車両重量に合わせ最適化。
このような大幅な改良により、ガソリン車No.1の低燃費37.0km/Lを実現。

走りについて

走りについては、なんといってもAGS(オートギヤシフト)の採用が話題です。
AGSはマニュアルトランスミッションに、電動油圧式アクチュエーターを追加し、クラッチとシフト操作を自動化。
気になる操作は、AT車と同等で、Pレンジとクリープもあり、いたって簡単です。
更に、マニュアルモードも用意され、MT車のように運転する楽しみがあり、リニアな走りを実現。
スタビライザーを採用した前後のサスペンションは、ストロークを伸ばし、サスペンションフレームを軽量化したことも走りに寄与するでしょう。
ディーラーで実力を確かめましょう。

デザインについて

エクステリアデザインは、全高を低くし、美しいルーフライン、キュートなプロポーションを実現。
ヘッドランプまわりの印象的なデザインは好みが分かれるところですが、目力は感じさせます。
インテリアは、デザイン性、機能性、広さを重視し、居心地のよい室内を実現。
メーターは、ヘッドランプをイメージしてデザインしました。

安全性能

安全性能は、レーダーブレーキサポート(衝突被害軽減ブレーキ)を全機種に設定したことが光ります。
レーダーブレーキサポートは、低速で走行している時に、ルームミラーの前に取り付けられたレーザーレーダーが、前の自動車を検知し、衝突の回避が不可能と判断した時に自動的にブレーキを作動させます。
更に、ペダルやシフトの操作ミスによる衝突の回避させる誤発進抑制機能もあり、停車や
約10km/h以下での徐行中、前にある障害物をレーザーレーダーが感知し、急発進や急加速を抑制します。
スタビリティコントロール、トラクションコントロール、ABSを各センサーによって総合的に制御するESP(Daimler AG)も採用され、自動車のスリップや横滑りを抑えます。

少しでも高く車の売却をしたい方へ

車売却
少しでも高く車を売りたいとお考えなら、当サイトの「車売却の秘訣」 ご覧ください。

 

Copyright 車売却!【車一括査定ガイド】 All Rights Reserved.