ユーカーパック査定

車売るなら【車売却査定ガイド】

  •  
  •  
  •  
 

【口コミ体験談】ユーカーパックで実際に車査定をしてみた。

ここ最近話題になっている、車買取りの新サービス「ユーカーパック」。
実際に私の車を査定に出して体験してきました。

ユーカーパックとは

  • 最大1000社からの見積もりが可能
  • 近くのガソリンスタンドで査定が受けられる
  • ユーカーパック以外から電話が掛かってこない

従来の車買取りサービスとは違った視点で車査定が受けられます。

ただこんな条件のいい話って本当?

何か別の裏があるのでは…。

本当に電話は掛かってこないのか…。

そのような疑問の声が増えきているので。

実際に私の車を査定に出して確かめることに!

そして、愛車にいくらの価格が提示されるのか!

さっそくやってみることにしました。

因みに今回査定に出す私の愛車は

車種 年式 走行距離
TOYOTA ヴィッツ 2009年 1万2千キロ

です!
楽しみになってきました!

ユーカーパックで無料見積りをしてみた

まずはスマホから無料見積り。
入力情報に従い愛車の情報と個人情報を入力。
その時に希望の査定日を入力する項目も出てきます。

まずは車の詳細と住所を載せます。
第三希望まで査定日を設定します。

全ての入力がお終わると概算価格が表示されます。

S
登録が終わると概算査定額がでます。

私の場合は143,000~343,000円
これが実際の査定でどう変わるのか今から楽しみです!

ユーカーパックからしか電話は掛かってこない

翌日、営業から電話がありました。
無料見積りを申し込んでから電話が来たのはユーカーパックのみ。
他社からの電話は一切ありません。
噂は本当だったようです。

営業との電話のやりとりで、無料見積りで記入しなかった部分。
ボディーカラーや、排気量などを聞かれました。

そしてユーカーパックの仕組みについての説明もありました。

ユーカーパックの仕組みとは

ユーカーパックの仕組みとは、査定した車両情報を買取り業者に公開。
入札オークションで価格が競り合い、一番高い買取り額を提示したところに売るという仕組み。

オークション制だからこそ、買取り額が高くなるそうです。
個人情報はまったく流れず、電話が来るのも一社のみ。

ガソリンスタンドでの査定は地域に注意

担当の営業から査定日の確認がありましたが…

ここで問題発生!!

せっかくの機会なので、ガソリンスタンドで査定を受けようと思っていたのですが。

査定を受けられるガソリンスタンドが近くにないことが判明。

査定士が家まで出張査定に来てくれることになりました。

ユーカーパックは2017年1月からサービスを全国対象が開始されたばかりなので。
現在は規模拡大中!っということで。
近くのガソリンスタンドで査定を受けることができませんでした。

営業が言うには、これからどんどん拡大していくようなのですが。
今のところ都市部はあまり対応していないみたいなので、今後に期待!

マイページにログイン登録をする

マイページを作らなければ査定を受けることができないので、マイページ作成へ。

ユーカーパックのマイページに登録。
登録画面

ここで、初めてメールアドレスを聞かれたのですが、
SMSでも登録ができたので、そちらから登録。

無料見積りのときに入力した登録内容に誤りはないかなどを再度確認して、最終登録。
各ページでは、スケジュールや家に来る査定委員の詳細などが確認できてとても便利。
査定の予習に使えるコンテンツも多くありました。

最終登録完了!
各種コンテンツで予習ができます。

車の査定日が決定!

査定日前日に電話と事前確認のメールが入りました。
内容は急遽査定が無理になった場合は、当日2時間前までに連絡。
内装の写真も撮影するから片付けといてください、という二件でした。

登録が終わると概算査定額がでます。

内装があまりにも汚れていた場合、買取査定額に影響がでるとのこと…。
その日の晩にしっかりと掃除をして明日を待つことに。

査定日当日

自宅近くの駐車場で待ち合わせ。
査定士の方は5分前には到着されていたようです。
見た目は50歳頃の物腰が柔らかいイメージの査定士。

さっそく、査定の流れを説明してもらい、必要書類を確認。
査定士の方はユーカーパック独自のアプリケーションを使い、タブレットに査定情報を入力していきます。

タブレットを使って写真をカシャカシャ撮影。
聞くところによると、ユーカーパックの査定は全てシステム化していて、その情報にきちんと従い査定をしてくれます。

そこで査定士の方に見ているポイントをいくつか教えてもらいました!

ユーカーパックの査定士が見ているポイント

出典:http://barbarossa.red/

実際にユーカーパックの査定士が見ているポイント。

それは”車の骨格”

「車の骨格」とは、車の フレームのことを指しているのですが。
査定の中では、フレームが一番重要になってくるみたいです。

フレームから事故歴をチェックされる

ドアを開けてフレームをチェックしています

車をぶつけて凹ませたり、傷をつけたりしてしまったら。
皆さんなら、ボディーの修復をしますよね?
傷が剥げている部分は塗装したり、凹んだ箇所は直したりと。

それで「傷が直った!上手く隠れた!」と思ったら大間違い。
査定士の目はそこまで甘くなかったです。
査定士は外装ではなく、骨組みを見ているのです。

例えば、ドアをぶつけて交換になった場合。
「傷もついてないし凹んでもない!新車と同じだ!」と思って。
車査定のとき「事故歴ナシ」と記載をしたとしましょう。

査定士は外装を見て事故を判断するのではなく、フレームを見ます。

ボンネット部分からフレームを確認

ドアを開けるとフレームが見えるのですが、そこにあるボルトに注目。
新車のままだと、そのボルトに外装と同じ塗装がしているのですが、交換になった場合はボルトに色を塗っていないままなのです。

「事故歴ナシ」と書いたのに、ドアには修復の跡が。
そういったケースはマイナス査定に繋がります。

査定の際は嘘のないように書きましょう。
査定士はその事故の状態などをフレームなどから判断できます。

今回来て貰った査定士の方は、ドアやボンネットを開けてフレームを確認していました。
普段乗っていると気付きにくい箇所にこそ査定のチェックポイントが隠れていたのです。

車の下回りも要注意!

下回りを自分でもチェック

車の下に潜って車を見てみる何てこと普段ならしないですよね。
実は車の下回りからもフレームを見ることができます。
塗装の剥がれ、溶接の跡、フロアの凹み、錆など。

驚いたことに、ジャッキアップを一回でも使用したことがあるなら、その形跡も分かるそうです。
ジャッキアップをした箇所というのが、車の重さを小さなジャッキアップで支えるので多少なりと車に凹みができるようです。

今回査定に出した私の愛車は、下回りが綺麗だったみたいで、すぐに終わりましたが。
長年乗り回した車などは下回りが錆ついていて、査定に時間が掛かるみたいです。
事故車かどうかを確認するために車の下回りは慎重にチェックしていました。

車についた細かい傷は気にしない

細かな傷は気にしなくてOK!

車についた細かな傷は、査定でマイナスにならないようです。
理由を聞いてみたところ、買取りに出した車は、別の中古車販売店が売りに出します。
売りに出す前に車をリペア会社に頼み傷を直し、販売します。

その為、細かい傷なども査定時には報告書に出しますが、ほとんどの買取店では「結局直すから」ということで気にされないようです。

私の愛車もドアに細かい傷が付いていてビクビクしていたのですが、「これぐらいなら大丈夫」と言われ、そっと胸を撫でおろしました。

内装の査定ポイント

エンジン部分をチェック中

車の外装やフレームの査定が終わった後は、内装の査定にうつります。
内装で評価される査定ポイントは、走行距離

査定に出した愛車は走行距離が1万キロだったのでプラス査定になりました。
またエンジンを付け替えているのか、なども確認していました。

走行距離の目安は3万キロだろそうです。
なかなか難しいですね…。

内装の写真を何枚か撮影して、無事に査定終了。

因みに私の愛車は5点満点中、4.5点という査定評価。
査定額がいくらになるのかワクワクしてきました!

査定後の流れとは

査定後マイページに画像が上がりました

査定はちょうど1時間ぴったりで終了。
査定後にどのような流れで進むのかを聞いてみると。
今日査定したデーターをユーカーパックにアップ。
ユーカーパックから電話が入れば確認が完了。

査定を受けた日が土曜日ということもあり、査定終了から1時間後に連絡が来ました。
電話で確認と今後の買取の流れの説明を受けました。

車買取りまでの流れとは

まずは電話先で今回の車の買取希望金額を聞かれました。
その時にユーカーパックの人と相談もできます。
「この車種の最高買取額が30万円ほどなので、査定評価4.5も悪くないというところから、28万円ぐらいはどうでしょうか?」などの提案も受けました。

またユーカーパックの方から買取業者との交渉もしてくれるみたいで。
「希望額40万円」と言っても、実際に買取業者が「この車には30万しか出せません」となると、間に入っているユーカーパックが価格交渉をしてくれるようです。

入金希望額が決まれば、データーをユーカーズのサイトにアップ。
3日間入札を受け付け、買取店がオークションをしていきます。
3日間で300~800社の買取店や買取業者が見るようです。

集計結果から買取店を選び買取り手続きに進むと行った流れだそうですが。

あれ?

ならどこで愛車の査定額が分かるの?

買取が成立するまで査定額が分からない…

今回は車の査定額を調べようと思っていたのですが。
ユーカーパックの場合、買取が成立してから査定額が分かるようです。

私はまだ売却予定が先なので、ここでサイトの公開をキャンセルにしました。

サイトに公開した後にキャンセルをしてしまうと、買取店から「この車は前に出品されていた車種とまったく同じだ!」とすぐに分かってしまうようで、査定額が低くついてしまう恐れがあるようです。

それを聞いて慌ててキャンセル!!

まだ売却予定日は先!!

今回はいったんここでストップにしておきます!!

しかし、このデーター2カ月間保管してもらえるようなので、実際に売りたくなったら公開の手続きにすぐに進めるそうです。

査定額は気になるのですが…

ここでユーカーパックの査定実体験は終了。

ユーカーパックの良かった点と悪かった点

ユーカーパックの査定を通して良かった点、悪かった点をまとめます。

良かった点

  • 他社から電話が掛かって来ない
  • 査定がしっかりしている
  • 評価が高かった

ユーカーパックの広告通り、電話の数は本当に少なかったです。
通常一括査定などは予約をするとすぐに色んな所から電話が掛かってくるのですが、ユーカーパックは、電話1本のみでした。
これは非常に助かりました。

次にユーカーパックの査定システム。
これは個人に差がでないように完全にマニュアル化されているので、安心できました。
「ここを見逃している」とか、その様なことが無いのは公平に見てくれている証拠だと思います。

あとは個人的に評価点数が4.5点だったこと。
大切に乗った愛車が評価されるのは、自分自身を褒められている気分なりご満悦。

悪かった点

  • ガソリンスタンドでの査定に まだ地域差がある
  • 査定額がサイト掲載まで分からない

ガソリンスタンドでの査定に地域差があること。
こればっかりは、まだ全国展開をし出して仕方ないのかもしれませんが。

私は大阪で査定を受けたのですが、大阪には営業所が1カ所しかなく。
しかも私の自宅からかなり遠かったので諦めました。

自宅に査定士が来るのを嫌がる方ももちろんいると思います。
今後もっと拡大していき近所のガソリンスタンドで気軽に査定が出来ればいいな、と思いました。

そして、やはり査定額がサイトに掲載されるまで分からない。
ここが私としては一番気になった箇所でもあります。

私のように売却予定がまだ先で、その前に査定額を聞いておこうと思う方には、少し不便に思えるかもしれないです。

しかし、本当に車を売りたい!と思う人には、高額がつきそうな機能でもあります。
どちらにしろ、査定が終わってから、入札が始まらなければ何も情報が分からないので。
この入札機能は便利なところと不便なところが表裏一体かなあと感じました。

まとめ

今回査定をしてみて、ユーカーパックの査定がどのように進むのか分かりました。
また査定士の方がとても気さくな方で、色々と為になる情報も聞けたと思います。

車をどこで売ればいいのか迷っている方には、是非ユーカーパックをおすすめします。
簡単な入力と電話だけで済むうえに、入札システムはかなりの高額が期待できます。

因みに私の愛車は実際いくらだったのでしょうか‥。
そこだけが気になりますが、20万円ぐらいだと予想していますが…。
車を手放す日が来たら実際にユーカーパックを使ってみようと思います。

後日談―査定結果発表―

今回査定に出した愛車は32万4千円の買取価格が付きました

ユーカーパックさん本当にすごくおすすめです!

▼ユーカーパックの公式サイトはこちら▼

車を高く売りたい・車の査定額だけでも知りたい方へ

一つでも当てはまる方は車の一括査定をおススメします。

>> 高額が期待できる車一括査定サイトの比較一覧 <<

>> 今すぐ車の査定額だけでも知りたい <<

 

Copyright 車売却一括査定ガイド All Rights Reserved.