最高値で車売却!【車一括査定ガイド】

車売るなら【車売却査定ガイド】

  •  
  •  
  •  
 

車の売却や買い替えのタイミングと走行距離の関係性

「今の車の走行距離もだんだんと増えてきたから、そろそろ買い替えた方が良いのか」「何キロくらいまでに売却した方が、買取価格が良くなるのか」「車種やメーカーによって走行距離の限界は違うのか」などの走行距離に関係した疑問を感じる方は、少なくないようです。

実際、買い替えや売却に関する悩みの中でも、走行距離に関する悩みが非常に多く寄せられています。今回は買い替えの参考になるような走行距離に関する情報をご紹介します。内容は「車を買い替えるタイミングと車の寿命」「買取査定に影響する走行距離」「購入時のお得な走行距離」の3点です。

自動車を買い替える目安の走行距離と車の寿命

車の買い替えについて考える際、最初に理解しておくべき話題は、自動車の寿命です。車の走行距離が「10万km」に達すると寿命であると聞いたことがないでしょうか?恐らく日本人のほとんどの方が、この10万kmを基準にして走行距離を考えておられるのではないでしょうか?

その根拠になっているのが、10万kmを超えると部品の交換が多くなり、費用がかかってくる、車検の費用も高額になるという考え方です。そのため「10万kmを超えた車は売却しようにも値段が付かない」という誤解が生じています。

実際はどうなのでしょうか?

現在の日本車のクオリティは世界でも屈指のものであり、10万km超えると故障が多くなるという意見はほとんど参考になりません。例えば、日本車は海外でも品質の良さから人気があり、10万kmを遥かに超えている15万kmや20万kmといった車が普通に取引されています。

それも値段は非常に高く20万km走っている車でも、数十万円で取引されています。ですから日本車の質の良さを最後まで信じられていないのは、日本人なのかもしれません。ですから10万kmを超えたら絶対に乗り替えなければならないという根拠は一切ありません。しかし、10万km以上走り続けるためには、毎年きちんと整備を受けていなければなりません。

長く乗るための秘訣は日々のメンテナンスです。きちんとメンテナンスを定期的に受けている日本車は30万kmでも乗り続けることができるほど品質の高いものです。

走行距離5万kmは売却や乗り替えの根拠になるのか?

車を売却もしくは買い替える時は、現在の車の走行距離が5万km以下の方が良いと言われています。ではこの数字には根拠があるのでしょうか?

走行距離が4万km台の車と5万kmの車では査定金額が確かに異なっており、4万km台の車の方が査定価格は良くなります。その理由は、5万km走っている車に問題があるというよりも、人の心理と関係があります。中古車を探している人の気持ちになって、45,000kmの車と50,200kmの車のどちらに魅力を感じるか考えてみるとよく分かるのではないでしょうか?色やグレードなどが同じであれば、ほとんどの方は45,000kmの車の方を購入したいと感じるものです。

つまり4万km台の車の方が、買い手が付きやすいため、買取業者も5万km台よりも高値で買取ってくれるというわけです。ですから、もしお手持ちの車の買い替えや売却を検討していて、車はギリギリ4万km台であれば売り時という事になるでしょう。

この同じ考え方は10万km台と9万km台についても当てはまります。先程述べたように日本車の品質は10万kmを超えるだけで変化することはありません。しかし消費者の感情として10万kmを超えると部品が故障すると感じていますので、走行距離が10万kmを超えた車を敬遠する傾向があり、それが査定金額に響いてきます。ですから、もうすぐ所有している車が10万kmを超えるタイミングであれば、今が売り時という事にもなります。

中古車の買い時と走行距離

中古車の買い時については、先程の買取金額の値下がりの時期を参考にすることができます。4万km台よりも5万km台の方が査定金額が低く、10万km台の車の方が9万km台の車よりも査定金額が低くなります。つまり購入者であれば、5万km台や10万km台の車を購入するなら、数万円ほど安く車を購入できる可能性もあるでしょう。

日本車であれば、走行距離が4万kmと5万kmでは品質の面で大きな差はありませんが、人の心理によって値段だけが変わるので、5万km以上の車を探すなら掘り出し物を見つけられる可能性があります。

しかし中古車の購入の際、たしかに走行距離は参考になる資料ですが、それでも走行距離だけで決定することは危険です。よくメンテナンスされている6万km超の車とメンテナンスのされていない5万kmの車では、当然前者の方が安心して購入することができるようになります。

このように、日本車の寿命について現在理解されている最新の事実は、10万kmで壊れるという事ではなく、30万km以上も乗り続けることができるという事です。ただし売却の理想的なタイミングとしては、5万kmと10万kmに入る前になるでしょう。しかし車にとってメンテナンスは必要不可欠であるため、点検記録簿が残っているかどうかもチェックしてから購入を決める方が良いでしょう。

車を高く売りたい・車の査定額だけでも知りたい方へ

一つでも当てはまる方は車の一括査定をおススメします。

>> 高額が期待できる車一括査定サイトの比較一覧 <<

>> 今すぐ車の査定額だけでも知りたい <<

 

Copyright 車売却一括査定ガイド All Rights Reserved.