車売却の必要書類

車売るなら【車売却査定ガイド】

  •  
  •  
  •  
 

車の売却に必要な書類って?

車を売る時に自分で用意しなくてはいけない書類

もしあなたが愛車の売却をお考えなら、自身で必要な書類を揃えなくてはなりません。
査定で愛車に高価な買い取り価格が付いたものの、「スグに売らないと、高価では売り抜けない」なんてこともあります。
その時あわてないためにも、前もって必要な書類は準備しておきましょう。

「車検証」(自動車検査証)

「車検証」は愛車が、自動車保安基準を満たしていると言う証明書。
自働車の運行・運転時には、携行が義務付けられています。
通常は、ダッシュボードやグローブボックス内に収納されていることが多いはず。
万一紛失してしまったら、管轄の運輸支局で再発行してもらって下さい。※車の査定時にも必要です。

※クリックすると拡大します new-tab

「自賠責保険証」(自動車損害賠償責任保険証)

自賠責保険とは「自動車損害賠償保障法」という法律により加入が義務つけられています。
そのため「強制保険」などとも呼ばれています。
事故が起こった場合に被害者の救済が目的とされ、最低限の補償は自賠席保険から受けれます。

また、「車検証」と同様に自働車の運行・運転時には、携行が義務付けられています。
通常「車検証」と一緒の場所に保管していることが多いでしょう。
紛失の際は、加入している保険会社へ再発行を依頼します。
※車の査定時にも必要です。

※クリックすると拡大します new-tab

自働車税納税証明書

「きちんと自働車税を納めている」と言う証明書。
自動車税を納めた際に、発行されます。
紛失した場合は、自動車税管理事務所及び各都道府県にある税事務所で再発行してもらいましょう。
因みに軽自働車の場合は、市区町村の役所で再発行してもらえます。

自動車税納税証明書は、今まできちんと納税しているのかを確認できる証明書。
個人売買やオークションなどで自動車を購入した場合は、必ず自動車税納税通知書を受け取ってください。

受け取れなかった場合などは、ナンバープレートについている都道府県の税事務所などに、確認を取ってみてください。

※クリックすると拡大します new-tab

印鑑(実印)

印鑑は必ず、自分だけの印鑑であることを市区町村に登録した、「実印」でないといけません。
スタンプ印や三文判は不可です。自働車を購入する際にも必要だった印鑑です。

印鑑証明書

上記の「実印」が、間違いなく登録されたものであると言う証明書です。
必ず3か月以内に、発行されたものを用意しましょう。
発行は印鑑の登録をしてある各自治体の窓口に依頼しましょう。
依頼時には、「実印」を登録した時に発行された「印鑑登録証」が必要です。

自働車のリサイクル券

「リサイクル券」は、自働車のリサイクル料金を既に支払済みだという証明です。
通常は「車検証」「自賠責保険証」と一緒の場所に保管していることが多いでしょう。
もし紛失してしまったら、「自動車リサイクルシステム」http://www.jars.gr.jp/のサイトから「自動車リサイクル料金の預託状況」をプリントアウトして代用しましょう。

リサイクル料金は車の所有者が支払わなければなりません。
車を売ったときにリサイクル料は返金されますのでご注意を!

車を高く売りたい・車の査定額だけでも知りたい方へ

一つでも当てはまる方は車の一括査定をおススメします。

>> 高額が期待できる車一括査定サイトの比較一覧 <<

>> 今すぐ車の査定額だけでも知りたい <<

 

Copyright 車売却一括査定ガイド All Rights Reserved.