最高値で車売却!【車一括査定ガイド】

車売るなら【車売却査定ガイド】

  •  
  •  
  •  
 

車売却時のリサイクル料

自動車を所有しており、登録を行って公道を走行させているような場合では、平成17年の1月1日に施行された法律によって、必ずにリサイクル料金を前もって支払っていることになります。

それ以前に購入した自動車に関しては、次回の車検時や手放す際に支払うことが一般的で、現実的には既に支払いを済ませていることが多いものです。

リサイクル料に関してはモデルやオプションによって異なることになり、例えばエアコンの有無やエアバッグの設置個数などによっても変わります。

現状としては概ね6,000円から18,000円程度に設定されることがあり、通常では購入時に必要な費用に加算されていることになります。

リサイクル料を支払った場合では、リサイクル券というものが同時に発行されることも一般的です。リサイクル券は車検証と一緒に保管を行っておくことが推奨されていますが、その背景には後に売却などを行うことを想定していると言うことができます。

車売却時には車検証とリサイクル券なども必要書類に指定されていて、紛失してしまった方ならば、該当するリサイクルセンターのホームページから登録している番号などを入力する方法で、証明書に相当するページを表示させることができます。

そのページをプリンターから印刷を行う方法で、本来のリサイクル券の代用として利用することもできます。法律が制定された目的に関しては、シュレッダーダストを素材別に分類することと、エアコンに用いられているフロンガスの回収、エアバッグなども適切に処理を行うことがメインになり、不法投棄などを防ぐための役割を担っていることになります。

乗り続けてきたマイカーを売却する場面では、既に支払っているリサイクル料について、疑問に感じる方も存在しています。原則としては最初に登録を行った所有者が支払い義務が生じることになり、その結果として売却を行った際には損をしてしまうとお考えの方もいます。

しかし、実際には中古車として再販されるような状態であれば、買取り額などにリサイクル料が上乗せされることが行われており、次の持ち主が実質上負担をすることになります。スクラップ処理などを行って、完全に消滅させるような場合では、そのまま所有者が支払ったリサイクル券が活かされることになり、余計な負担額を強いられることがありません。

このケースでは抹消した証明書を必ず受け取ることも必要になり、マイカーの行方を把握しておくことも良い方法とされています。多くのケースで買取り業者が既に把握をしている部分になるために、売却時にも不都合な状態に陥ることなく、スムーズに手続きが完了されています。

不安に感じている方の場合では、買取り額などが提示された時点で、リサイクル料の上乗せ分の有無など、明細をしっかりと提示してもらう方法によって、損をしない売却を済ませることができます。現在ではリサイクルや再販を行うための技術や施設なども充実しています。

その結果として多くのケースで問題が発生することなく、売買が行われていることも事実です。安心できる業者探しを行うことで、より一層安心感を得ることができます。

車を高く売りたい・車の査定額だけでも知りたい方へ

一つでも当てはまる方は車の一括査定をおススメします。

>> 高額が期待できる車一括査定サイトの比較一覧 <<

>> 今すぐ車の査定額だけでも知りたい <<

 

Copyright 車売却一括査定ガイド All Rights Reserved.