最高値で車売却!【車一括査定ガイド】

車売るなら【車売却査定ガイド】

  •  
  •  
  •  
 

車売却時の自動車税・税金

カーユーザーならご存知の通り、自動車には購入時や維持していくために税金がかかるのですが、これに関して具体的に理解している人は少ないのが現状です。ただ、知っておかないと損をしてしまう可能性もあるため、知識として最低限のことは理解しておきましょう。

車の税金には「自動車税」、「重量税」、「取得税」、「消費税」の4つがあります。

車の自動車税

自動車税は、毎年4月1日時点でマイカーを所有している人に課せられる税金です。税額は排気量によって決まり、各都道府県に申告・納税することになりますが、軽に関しては市町村税として課されます。

車の重量税

重量税は、税額は重量によって決まり、国に対して申告・納税することになります。新車購入時、または車検時にまとめて2年~3年分を支払います。

車の取得税

取得税は、税額は取得(購入)金額によって決まり、税率は種類に応じて3%~5%の間、取得金額が50万円以下は非課税となっています。

車の消費税

消費税は、商品購入時にかかる一般的な税金です。(2015年時点では)税率8%となっています。

必ず知っておきたいこと!車の税金の還付

上記の4つの税のうち、車の売却時に返還してもらえる税金があります。

それは自動車税で、毎年4月1日に課せられる税ですが、売却時に残存期間があると、その分の税金が還付される制度があります。例えば、12月に売却したのなら1月~3月の3ヶ月分は、還付されることになります。

ただ、売却した業者によって還付してもらえるか否かが変わるため、事前に確認をしておくことをおすすめします。中には売り手が無知なのをいいことに何も言わずに業者が還付を受け取るケースもあるので、損をしたくないのなら、きちんと確認しておいてください。

また、売却時に注意したいのが移転登録についてです。マイカーを手放せば名義変更が行われるのですが、これを移転登録と言います。
移転登録は業者が行ってくれるので面倒はありませんが、4月1日時点で移転登録が済んでいないと納税通知が売り手に郵送されてきてしまいます。これが売却時のトラブルに繋がっているのです。

先述したように排気量で年間の税額が決まるのですが、排気量1000cc以下は2万9500円、 排気量1000cc以上1500cc以下は3万4500円というように500ccごとに5000円ずつアップしていき、排気量4000cc以上4500cc以下になると年間税額は7万6500円にもなります。排気量が上がるほど安くはない税額になっていくため、その分トラブルも大きくなってしまうわけです。

もし新年度分を支払わなくてはいけない場合、査定額に上乗せしてもらわなくてはならないでしょう。その辺も踏まえて、事前に確認してから売るのが大切です。

もちろん個人間でやり取りをする場合も同じです。その際は自身で知識を持って行わないと難しいですが、自分で手続きをする分、還付されない、納税通知書が届いたというミスは防げるでしょう。

いずれにしても税の還付は本来受けられるものなので、知識を持っておいてください。

車を高く売りたい・車の査定額だけでも知りたい方へ

一つでも当てはまる方は車の一括査定をおススメします。

>> 高額が期待できる車一括査定サイトの比較一覧 <<

>> 今すぐ車の査定額だけでも知りたい <<

 

Copyright 車売却一括査定ガイド All Rights Reserved.