車下取り価格

車売るなら【車売却査定ガイド】

  •  
  •  
  •  
 

【検証】車下取り価格は本当に安いのか?

車下取り価格は買取りと比べると査定額が安いと良く言われています。
ここで気になるのが、下取りと買取りの査定額の差です。
実際どれぐらい違うのか調べてみることにしました。

今回はナビクルのサイトを参考にして独自に調査しました。
※公平にジャッジを行うために車種の年式は2014年、走行距離は9万キロに達したと仮定をしています。

トヨタ人気車種で比較

車種 下取り価格 買取り価格 差額
プリウス 126.6万円 129.9万円 2.4万円
アルファード 216.1万円 237.1万円 21万円
ヴォクシー 116.5万円 124.8万円 8.3万円
ヴィッツ 72.4万円 73万円 0.6万円
ノア 120.1万円 128.4万円 8.3万円
ウィッシュ 109.3万円 116.3万円 7万円
bB 48.7万円 49.1万円 0.4万円
アクア 84.8万円 90.1万円 5.3万円
ハリアー 190.6万円 211.4万円 20.8万円

平均差額は約8.2万円です。

上記の結果はあくまで参考です。
査定をするときには年式と走行距離の他にも。
事故や修理歴、ボディカラーなどによっても価格は変わってきます。

高いと感じるのか、安いと感じるのかには個人差はありますが。
車買取りの方が下取りよりも高い価格が出ることは間違いないようです。

なぜ車下取り価格は安くなるのか

下取り価格が安くなる理由は大きく3つあると言われています。

  • 下取り後の販売ルートの違い
  • 査定ポイントの違い
  • 目的の違い

順にご説明していきましょう。

下取り後の販売ルートの違い

車下取りをした車はその後どうなってしまうのか。
ディーラ―下取りの場合だと、分解され廃車になるか、中古車販売に回ったり、代車になったりします。

買取りとは違い独自のルートが少なく、下取りした車を活かしきれないと言った違いがあるようです。

査定ポイントの違い

買取り業者とは違い、ディーラー下取りでは。
純正品以外のパーツやオプションの査定が難しいとされています。
基本的には、ディーラーでは純正品のみがプラス査定になります。

目的の違い

そもそもディーラーは車販売が目的です。
下取りに出した車の価格が、そのまま購入予定車の値引きに繋がるケースが多いです。
そんな中で、高額査定で車を買い取るような事は滅多にないでしょう。

上記に説明したことが、車下取り価格が安いと言われる原因でしょう。

結局どっちを選ぶのが賢い選択になるの?

車下取り価格がなぜ安いのか、その理由は説明しましたが。
下取りと買取り、どっちを選べばいいのか。

少しでも高く売りたい場合は、車買取りがおすすめ。

また、新車購入予定があったりする場合や、お世話になっているディーラーがいる場合は、車下取りでも問題はないです。

車下取りは手続きが簡単という最大のメリットがります。
忙しい方などは、下取りを選ぶ人も多いようです。

少しでも高く売りたいと思うのなら。
車買取一括査定などを利用し複数の業者から見積もりを出してもらって、更に高く売りましょう。

まとめ

車下取りは優れている面も、もちろんありますが。
大切に乗った愛車を高く売りたい!と考える人には不向きかもしれません。
次のカーライフをどのように過ごすかで、売り方も変わります。
慎重に自分に合ったプランを選びましょう。

車を高く売りたい・車の査定額だけでも知りたい方へ

一つでも当てはまる方は車の一括査定をおススメします。

>> 高額が期待できる車一括査定サイトの比較一覧 <<

>> 今すぐ車の査定額だけでも知りたい <<

 

Copyright 車売却一括査定ガイド All Rights Reserved.